2007年1月27日 (土)

勘弁してよ!

余談ではあるが、たびたびこのブログに登場する招き猫には兄弟がいる。

2匹買うと安かったので、一匹は年末お世話になったタイレストランに寄贈した。                                                                                         、Dsc_0318

それから一ヶ月。この招き猫のお陰か?レストランのお客は例年よりかなり多いらしい。

というわけで、私の部屋にいる「もう一匹の招き猫」のお力で今日はよい日になるかなぁ・・・と思って大学に向かった。

今日は、大学の就職課みたいなところで、大学内のアルバイトを探してくれるとのことだった。(少なくとも、昨日対応してくれたスタッフはそう言った)

しかし、行ってみると話が違う。

昨日とは別のスタッフから履歴書の書き方を指導された後、「あれ?」と思ったのだが、

「じゃー後は自分でがんばってね」

という感じなのだ。

「あれ?大学内のアルバイト紹介してくれるんじゃないの?」と私。

すると、「大学内のアルバイトの募集は年に一回のみ。今は募集していない」という。

おいおい昨日と話が違うじゃないの?

実を言うと昨日対応してくれたスタッフは近くに座っていたのだけど、見てみぬふり。

私も大人だから、指差して

「昨日、あんた言ったじゃない!」

とは言わなかったけど・・・

これがイギリスだよね。

対応がバラバラ。人によって違うことを言う。

オマケにサービス精神がまったくない。

いかにアジア系が仕事を見つけるのが大変か訴えたが、今日対応したスタッフはいい加減。

大学の求人サイトを見ながら

「あなた日本語は話せるなら、この翻訳の仕事やってみたら?」とか

隣町のリーズからの求人に対して、

「リーズなんて近いわよ!。電車に乗ったらすぐ。」

なんて勝手なこと言っている。

仕事としての翻訳がどれだけ難しいか?ぜんぜん分かっていない。

そして、リーズまで電車に乗って、アルバイトに行く学生が一体どこにいるのか?

問いただしてやりたかった。

人のことだと思って勝手なこと言いやがって!

「なんで、こんな無能な人がここに座って学生の相手しているんだろう?」

と思った。履歴書の書き方なんてパンフレット見ながら説明しているだけだもんね。

しょうがないね。ここはイギリスだから。

来週はいい週になるだろう・・・。

それでは皆さんは良い週末を!

Banner_04_3

昨日は19位。今日は何位だろう・・・?クリックにご協力を!

| | コメント (0)

2007年1月14日 (日)

イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その2

実を言うと、経済的に余裕がなくなってしまったのには、ある事が関連している。                                            (まぁ、バイトしなくても、留学生活を続ける余裕はあるけど、それは博士課程が3.5年で終わった場合の話。)

じつをいうと、私は某独立行政法人から派遣されて、3年弱の間、アフリカやアジアで農業開発プロジェクトで仕事をしていた。独身であった私は、国内俸をほとんど手をつけることなく、海外俸の一部を使って、かなり裕福な生活を送ることできた。                            (とはいっても、ずいぶん、現地の人にちょろまかされたり、サポートしたりで大金を使ってしまったが・・・)

当時は、そこそこの収入があったし、秘書もいたし、運転手さんもいた。よって、将来、掃除の仕事をすることがあるなんて考えてみ見なかった。一方、アフリカンの同僚は、手取月給100ドル未満で苦しんでいた。

そしてある時、その私は大卒で政府の官僚である彼に言った    

私: 「クリス(彼の名前)もし、イギリスにごみ収集の仕事があったら行く?」

クリス:「もちろん。なぜなら、僕は経済的に苦しんでいるから・・・」

私:「僕だったら行かないね。プライドを捨ててまで、ごみ収集なんて。」

これがまずかった。

人生は山あり谷ありなのである。神様はきっと、それを教えるために私を罰したのだろう。

でも、これはとてもいい経験になった。人間いつでも謙虚でいなくちゃね。

クリス、今頃何してるかなぁ・・・

Ghana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その1

正直に言いましょう。

実を言うと、このブロを再スタートしたのは、アフィリエイトで小遣い稼ぎをしようかなぁと思ったのが理由です。

今年は私費留学生。この空前のポンド高の中で、いかにして支出を減らし収入を増やすか?ということは多くの留学生が考えることなのではないでしょうか?私もいくつかの方法を考えました。  

  • 外国為替トレーディング(FX)
  • 株式投資
  • バイト
  • アフィリエイト

です。

FXと株式投資はすぐ選択しから消えました。なぜなら、海外からの手続きは難しいからです。それに、リスクも高い。元本を失うようなリスクは絶対避けなくてはいけない。

次に、アルバイト。これも探しましたが、電話をかけた段階で「ごめんねぇ・・・もう決まってるの」というケースに2回遭遇した。それも、清掃の仕事である。 残念ながら語学力のない日本人(アジア人)は、英語圏アフリカ人留学生のようなテレフォンセンターやオフィスワークは困難である。よって、求人広告でできそうなものといえば、清掃ぐらいとなるのである。

昨日、清掃のバイトを断られた私は、ネットサーフィン中にであった広告につられて、アフィリエイトをはじめてしまった。

だが、これもなかなか難しいねぇ・・・。なかなか人は来ない。人を集めるのは難しい。考えてみたらアフィリエイトに貢献したことは今までもたくさんあったけど、インチキくさいものが多かった。よくあるPDFファイルをダウンロードするやつである。たとえば・・・

  • テニス上達法
  • 3時間睡眠法
  • 英会話上達法

である。はじめのテニス上達法を除けば、「勘弁してくれよ!」という内容だった。まぁ、そうやって、刺激的なうたい文句でビジターを増やすのも良いけど、まぁ、私もイギリス留学1年を迎えたことだし、留学生のためになる情報を流そうと思う。

ところで、クリスマスシーズンにタイ人の友人を通じてタイレストランでアルバイトをした。そこでであったタイ人の彼と付き合っている日本人のMちゃん。語学学校に通っていて、あまり英語が得意なほうではないらしい。でも、アジア人好きのオーナのパブで時給7ポンドで働いているそうだ。ウェイトレスは皆アジア人。通常、学生は5.35ポンドの最低賃金で働いていることが多いのに。いいなぁ・・・という感じ。

でも彼女は美人だからね。彼女に承諾を得ていないけど、画像をアップしちゃいます。

隣は彼のタオ君。なかなかのハンサムだね!お幸せに!

Sany0278    

人気留学ブログランキングへ!    

| | コメント (0) | トラックバック (0)