« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の投稿

2013年1月27日 (日)

どちらが本当か?


ご無沙汰しておりました。
本当にばたばたした毎日で、あっという間に2週間が過ぎてしまいました。
おかげさまで母の足の調子はどんどん良くなってきています。


さて、ずいぶん前になりますけど、大学時代の友人が東京に出てくるということで合うことになりました。
Img_4683
こういう友人がいるというのはありがたいです。
本当に早いもので、二人が卒業して20年近くたつんですよね・・・
(私は、アメリカへ農業実習へ行っていた関係で、1年遅れの卒業でした)
私が社会人としてちゃんとやっていけているか?心配してくれていたそうです。
お二人曰く、昔から変わったタイプの人間だった・・・とのこと(笑)
一方、先週、出会った同業者の方からは
「タカオさんって、典型的なサラリーマンっていう感じですよね」
と言われました。
いったいどちらが本当なのか・・・???


最近、目にする電車の広告。
Img_4690
この大げさなポーズ。
すごく昭和の雰囲気が漂っていて私は好きです。
こんな感じでしょうか?
それではまた!

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

ごあいさつ

お久しぶりです。
昨日は大雪でしたね。
Img_4666
武蔵野線に乗らなくてはいけなかったのですが、電車がかなり遅れ大変でした。
「雪」「遅延」「JR」ということで、秒速5センチメートルを思い出しました。
Byosoku
最近、ぜんぜん写真を撮っていません。
合気道、仕事、家事、洗濯・・・あっという間に一日が過ぎていきます。
合気道を削ればよいのでしょうが、なかなかそれもできません。
でも、毎日、母がどんどん歩けるようになってきているのを見るのが楽しみです。
さて、もう零時を過ぎました。
寝ますzzzzzz.....

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

年末年始



遅ばせながらあけましておめでとうございます。

大腿骨頸部を骨折した母は、12月29日から外泊し、家族と一緒に正月を過ごすことができました。

Img_4663
そして、結局、再入院することなく、今日、病院に行って退院許可をもらい、無事退院となりました。
本当に良かったです。
お世話になった方々、この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました。
これからは、家で少しずつリハビリです。
また転んで骨折するのでは・・・という恐怖感はあるようですが、ずいぶん、歩けるようになりました。



こちらは、29日に設置した。手すり。
ホームセンターで買ってきて、取り付けました。
Img_4645
母はこの手すりを伝って、トイレに行っていますが、いらなくなる日も近いかもしれません。



こちらは庭で放置されていた、カブと二十日大根。
Img_4648
間引きをちゃんとしないと、良い野菜は取れないのだと改めて勉強になりました。
カブはそこそこ、太っていましたが、大根のほうはぜんぜん駄目。
今年は温度が低いせいか、春菊、ほうれん草も駄目。
尿素で成長するかと思い施肥しましたが、その試みも失敗。
一方、水菜は、どういうわけか良いですね。




こちらは、1日に食べた梅がゆ。
 
Img_4649
私、食べすぎで、大晦日の夜から元旦と体調を崩しました。
でも、昨日から、また、食欲が出てしまい、ちょっとまずいですね。体重が・・・
こちらは、部屋の人形たち。
Img_4655
海外へ行くたびに、どんどん増え続けた荷物。
ストックホルム空港で出会った豚のぬいぐるみと、ロンドンで買った招き猫は、いろいろ考えた結果、別れを告げることにしました。
思い出はたくさんあるのですが・・・部屋を少しでもすっきりさせなくてはいけません。
頂いた猫のぬいぐるみは、今度アフリカに持っていこうと思っています。
「何かを買ったら、同じ量だけ捨てないと荷物は増える」
当たり前のことなんですが、なかなかそれができません。




このメモには、協力隊員をしていた14年位前に、ブライトさんという現地の人が書いてくれた格言
Img_4662
"A man who fears to suffer is already suffering from what he fears"
(苦しむことを恐れる人は、すでに恐れることに苦しんでいる)
"We all make mistakes what is why pencils have rubbers"
(私たちはみんなミスをする。だから、鉛筆には消しゴムがついている)
訳はこんな感じでしょうか?
たしか
「英語が上達しなくて・・・」
という話から、こういう格言を書いてくれたのだと
ミスすることを恐れるな!
ということを伝えたかったのでしょうね。
この紙も写真に取ったので捨てました。
でも、ミスを恐れるな!ということは、今の私にも必要なことだと思っています。


ともあれ、今年も世界が平和で、皆さんにとって良い年でありますように!

 
 
 

| | コメント (2)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »