« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の投稿

2012年10月21日 (日)

ミニ同窓会@新宿



こんばんは。
最近、なんか余裕がないですね。
あっという間に時間が過ぎていく感じです。
さて、昨日土曜日、大学時代の部活の友人と新宿で出会いました。
Img_3699_2
スターバックスで近況を報告しあい、それから、東急ハンズへ移動。
わざわざ高いものを買う必要はないと思ったものの、システム手帳のリフィルを購入。
システム手帳の中身だけは、ネット上だと良く分かりません。
さて、それから、沖縄料理店へ。
Img_3701
このお店、飲み放題のコースで3500円弱?
料理もおいしく、そこそこボリュームもあります。
ちょっと残念だったのは、前回あった三線の生演奏がなかったこと。


それから、「もう食べられない・・・」ということで、アイリッシュパブへ。
Img_3704
たしか、7年前?は、1パインと500~600円程度立った記憶していますが、なんといまは、950~1000円です。
Img_3708
なんで、こんなに高いのですかね。
日本で生産しているのか?それとも輸入なのか?
ライセンスが高いのか?
原因不明です。
Img_3713
ちょっと、本当のパブとは雰囲気が違いますけど、楽しいひと時でした。
Img_3715
壁には見覚えのある、ギネスの広告。
ベルファストのバスターミナル前のパブの壁面にも、この広告がペイントしてあります。
こういう過去に対するこだわりが、いけないのですよね・・・(笑)
前に進まないと・・・それではまた!
 
 
 
 

| | コメント (0)

2012年10月15日 (月)

自分のことは分からない

こんばんは。
ブログの更新頻度が低くなり申し訳ありません。

さて、先週火曜日から合気道の稽古を始めました。
こちらは、行く途中にあるお寺で撮った写真。
Img_3604
そうなんですよね・・・
自分のことは分かっているようで分かっていないんです。
でも、人間って、他人も分かっているようで分かっていないのですよね。
私の研究分野でもあったんですけど、人間って、
「真実ではなくて、見たいものを見る」
のです。
Presentation1
こういう図があったとき、人は、「丸と線が三つ」と見るより、人の顔と見る人が多いかもしれません。
無意味な情報でななくて、意味のある情報として理解しようとします。

こちらも有名な図ですけど、「パックマンのような形が三つ」じゃなくて、「丸が三つと三角形が重なっている」と見ます。

人に対しても、同様に
貧乏な人は怠け者
金持ちは働き者
と考えてしまったりします。
この話をすると長くなるのでこの辺で・・・
ともあれ、どんなことがあっても、「人に対してはプラスの視点を持ったほうが良い」というのが私の結論なんですけど、なかなか難しいですね。
愚痴ってはいけないと思っても、愚痴ってしまったり・・・
さて、明日も朝稽古。4時半起床です。
それではまた!

| | コメント (2)

2012年10月 8日 (月)

Suburbanな味



この三連休。
あまり外には出ないで、掃除、ゴーヤの撤去、ミシンで縫い物、壊れたスーツケースを修理に出したり、家族で食事に行ったり・・・そんな感じで終わってしまいました。
かなり疲れているのか?今日も土曜日も合気道へ行こうと思ったものの、断念しました。
目は覚めるのですが、起きられません。
Etrex20
この運動量では体重が増える一方なので、帰国してから買ったGPSを使って、ジオキャッシングという宝探しへ先ほど行ってきました。
福山雅治の歌で有名な桜坂が、家から一番近いポイント(1.64km)なので、途中、100円ショップへ寄ってから、行ってきました。
Img_3601
どうやら、この端の近くに宝箱が隠してあるらしいのですが・・・
Img_3603
夜に一人でゴソゴソしていると、警察に通報されるかもしれないので、諦めて帰りました。
このくらいならまったくヒントになっていないと思うのですが、ジオキャッシングのマナー違反と思われる方は、コメントよろしくお願いします。すぐに削除します。



さて、先日、書いたとおり、帰国途中、タイで乗り継ぎに10時間以上あったので、留学時代の友人に会う予定を立てていました。

ところで私、17年位前、修士論文のためにタイの農村調査をやっていました。ですから、タイ語が少しできます。
748_36900075558_9300_n_2
でも、農村にばかりいたので、バンコクのことはあまり知りません。おまけに、当時はドムアン空港だったので、いろいろ戸惑いました。
パスポートコントロールへ行くものの、
「アフリカ便の人はヘルスコントロールへ行ってください」
といわれ、列を200mほど逆戻りさせられたり・・・
その後、特別に通してもらったタイ人用カウンターのイミグレオフィサーは、
「日本は、津波があったよね?地震もあったよね?タイは援助にいったんだよ」
とのことで、お礼を言いました。
昔、村に行くと、
「日本は、雪は降るのかい?地震あるのかい?」
とよく聞かれたので、地震という言葉も覚えていました。
タイ語の単語には、一つ一つ思い出があります。



さて、パスポートコントロールを抜け、荷物預け所に荷物を置いて、45バーツ払って電車に乗って街中へ。
バンコク 写真
(写真:4TRAVELのサイトより勝手に拝借・・・)
電車の中にはOne Pieceの使った飲み物の広告。
Img_3506
今回、感じたのですが、日本の活字が入ったお店が多くなりましたね。
というか、日本食のお店が増えたように思います。
それから、昔はなかったSky Trainにのります。
Img_3502
途中、時間があったのでタイマッサージのお店に入り、おばさんと話を世間話をしました。
やはり、北の人で、10年間マッサージ師をして家を建てたとか・・・あと5年したら仕事やめて田舎に帰るそうです。お姉さんは田んぼをやっているとのこと。
首都と地方のいまだ大きいのでしょうね。仕事もないのでしょう。
ちなみに料金は2時間500バーツ。
この相場は分からないのですが、おばさん曰く、バミーナームといわれる麺類の値段が現在一杯35パーツくらいというから、17年前?と比べて倍以上に値段が上がっていると感じました。
ちなみに地方では10バーツだったと記憶しています。
何より驚いたのが、Sky Trainの改札近くで売っている、飲み物の高さ!
Img_3501
35バーツといったら、130円くらい?
こういうドリンクを買えるくらいの購買力がタイの中間層にはあるって言うことなんでしょうね。
昔から、購買力平価でいうと、タイ人の中間層は日本人より金持ちといわれていましたけど・・・



さて、友人と合流し、車でおしゃれな食堂街へ連れて行ってくれました。
私が選んだのは、カノムチーンというタイ風そうめんのお店。
Img_3537
農村にいたとき、お昼、これを良く食べました。
確か10バーツだったように記憶しています。(もしかしたらそれ以下?7とか8だったかも?)
Img_3514
女性がホンダのカブを改造したサイドーカーに、バナナの葉の上に麺をのせて、
Img_3527
おなべにカレー風味のタレを入れてやってきます。
移動屋台ってかんじでしょうか?
Img_3525
17年ぶりに食べた味なのに、なぜか?そんな感じがまったくしなかったのが不思議でした。
日本のタイ料理店で、カノムチーンを頼みますが、今まで置いてあるお店に出会ったことがありません。
友達曰く、カノムチーンは
「Suburbanな味(地方の味)」
なのだそうです。
Img_3518
ですから、このお店のインテリアも、どことなく田舎っぽくて、懐かしい雰囲気です。
北の食べ物なんでしょうかね?

で、ふと思ったんです。
途上国の人々のためにがんばろう!と心に決めて、農村調査をしていましたけど、それから17年、一体、世の中にどんな影響を与えてきたのだろうか?って。
やはり、本当に微々たる影響ですよね。
私がやらなくても、代わりができる人は何人もいたでしょう。
この17年間は本当にあっという間でした。この先、20年間も本当にあっという間でしょう。
ですから、少しでも、世の中にプラスの影響が与えられるようにがんばらなくちゃ!っと思いました。
できたら、私にしかできない何かをやりたいと思っています。



今回、地方に行っていないから分かりませんが、バンコクに限って言えば、本当に発展していてびっくりしました。
でも、タイの人たちの人懐っこさは、昔と変わっていませんでしたね。
Img_3536
写真をお願いしたら、店員さんたちが集まってきました。
ご馳走様でした!
料金は2名飲み物込みで300バーツちょっとだったと記憶しています。
ちなみに友人が払ってくれました・・・ありがとうございます。
それでは今回はこの辺で・・・・
 

| | コメント (2)

2012年10月 4日 (木)

無事帰国

お久しぶりです。

先週木曜日の朝、無事帰国しました。
Img_3571
(飛行機からの写真。もっと薄暗い夜明けの写真より、このくらい日が明けたほうがきれいだと判明)
ただ、それから3日間は、かなり眠い毎日が続いていました。
先週末は本当に良く寝ていました。
独身だから、寝ることが許されましたが、家族がいたら・・・・と思いました。
帰路、感じたことが少しありました。
週末、時間があったら書きたいと思います。
其れでは皆さん良い週末を!!!

| | コメント (2)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »