« 言葉の呪縛 | トップページ | マウスウォッシュ・靴・応募 »

2011年12月14日 (水)

秒殺してくれ・・・




結局、いろいろ考えた結果、某国際協力の仕事の応募はしなかった。

教員の方の結果がまだ出ていないので、もし、選考に両方残ってしまった場合、途中で国際協力の方の仕事を辞退する可能性があるからです。

応募しておいて、辞退するのは良い印象を与えないでしょうから、もう少し待ってみます。

こういう状況になると、応募して二日後に「研究分野がマッチしていません」という理由で、すぐに秒殺の不合格のメールをくれた飯田橋の有名理系大学って、ある意味、親切だったなぁ・・・って思います。



さて、今回の国際協力の方の仕事は、私のキャリアと業務がマッチしていたので、かなり迷いました。

一方、教員の方はと言うと、そんなにマッチしていなくて・・・

正直、どの方向へ向かえばベストなのか?よく分かりません。

急がば回れ・・・!で、もしかしたら、少し別の世界に入ることで幅が広がる可能性もあるし・・・でも、逆に、専門性がなくなる可能性も大。

ともあれ、「人を育てる仕事がしたい」ということで、どの仕事も共通項でくくれるから、まぁいいか?





さて、日曜日。

Rimg1666

こちらのオムニ食堂は24時間営業のようですね。

合気道ですが、この日は、初心者クラスに出たのですが、半分が有段者で緊張感のある稽古でした。

重心の移動についてじっくり稽古して、あっという間の1時間でした。





稽古の後は、カバンに入れておいたパンを食べながら駅に向かいました。

Rimg1668

大福みたいな・・・というけど、あまり大福みたいじゃなかったですね。

でも、時間は11時近くて腹ぺこだったので、美味しかったです。




こちらは、大久保通りのペットショップ。

Rimg1669

お店の犬がゴロンと道に横たわっていたので、写真の撮ろうと思いましたが、シャッターチャンスを逃しました。

Rimg1670

11時ともなると、人がすごかったです。

駅前なんて、待ち合わせの女性グループが沢山。





こちらは、家の近く。

Rimg1671

BBCを聞いていたので、すぐには気が付かなかったのですが、父が向かいから歩いてきていました。

買物へ行くとのこと。

背中を丸め、後ろに手を組むのが父流の歩き方。

Rimg1672

母親は、「ジジ臭い」といって嫌っていますが・・・(笑)





この日は、バドミントンの全日本総合がNHKでやっていました。

Rimg1673 昔は下旬にやっていて、浪人中、どうしても見に行きたくて、行ってしまった経験があります。

そのことを「浪人生のクリスマス」と題して、バドミントンマガジンに送ったら、見事掲載されてことがありました。

というか、この雑誌、かつてはかなりマイナーだったので、中学生の頃にも一回、

「国際スポーツフェアーで陣内さんに会いました」

とか書いたら、それも掲載されたことがあります。

今でこそ、Youtubeなんかがあるので、バドミントンの動画って腐るほど有りますけど、昔は本当にバドミントンの情報や動画ってなかったんです。

だから、全日本総合とジャパンオープンが放送される日は、とても興奮して嬉しかったですね。

Rimg1674

ちなみに、試合は録画だったようで、バドミントン協会のWEBを見たらすでに結果が出ていて興ざめでした。

Rimg1676

ちなみに優勝したペアの松友さんって言う右の彼女。レシーブがめちゃくちゃ上手かったですね。




その後は、買物へ・・・

Rimg1680

空を見上げると満月。

(コンパクトカメラで撮ったにしては良く取れていると思いません?露出を下げてカメラを固定するのがコツです)

Rimg1682

横を見ると、イルミネーションで飾られた庭木。

NHKドラマ「坂の上の雲」のことも書こうと思いましたが、長くなったので今日はこの辺で・・・

それではまた明日!

↓クリック協力お願いします!



プチプチがあるぞ・・・

2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ 20.0名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« 言葉の呪縛 | トップページ | マウスウォッシュ・靴・応募 »

コメント

こんばんわ、東京の気温もイギリスの気温に近づいてきましたね。
特に今年は異常気象で、イギリス南部は例年になく暖かいそうです。私にとってはそれでも寒いですが!

進路、いろいろ悩みますよね。私ももうそろそろ帰国後のことも考えなければならないのですが、また同じ業務形態の会社に就職するか、違う道を進むか...。

人との出会いと同じように、仕事も巡り合わせなんでしょうね。

ただ、TAKAOさんのように、世界を見てきて、知識だけでなく自分の意見を持っていらっしゃる方が人を教えるのは、とってもいいことだと思います!どこかにいいご縁があるといいですね。

カメラ、よく撮れていますね!私はいっつも暗いところでとるとブレてしまって。カメラの性能はいいはずなのに...やはりとる人間の手腕に問題があるのでしょう(笑)

投稿: yuki | 2011年12月15日 (木) 00時33分

どうも!

イギリス南部は暖かいのですね?
一方、ブラッドフォードは零度のようです(笑)
昨年、一昨年くらいは、雪が多かったように記憶しています。

進路の件。
やっぱり、悩みますね。
やるべきことをやって、あとは、結果を待つしかないのですけど、応募した後も、いろいろ考えます。
全ての希望を叶えてくれる職場なんて、そんなにないですね。(笑)

今日、ふと、FACEBOOKにアップした昔の動画とか見ていたのですが、どのような結果になるにせよ、イギリスで過ごした6年弱は、本当にPricelessで、全く後悔していません。

カメラはやっぱr、試行錯誤です。
何枚もとって、いろいろ調整しながら、ベストな一枚を選びます。
暗いところで撮る時は、しっかり脇をしめて、出来るだけカメラを動かさないことが大切ですね。

あと、テーブルの上に置いたり、カメラの横面を柱に押しつけたりするとキレイな写真が撮れると思います。

投稿: Takao→yukiさん | 2011年12月15日 (木) 17時27分

こんばんは!
暖かいというほどでもないんですが、期待していたよりも寒くはないかなと思います。


柱に押し付けてとるんですか!それは考えたことなかったです。ありがとうございます、やってみます。

投稿: yuki | 2011年12月16日 (金) 00時46分

こんばんは。

今日、イギリスに住んでいる友人からメールをもらって、例年ほど寒くはない・・・と同じようなことを言っていました。

日本の気温は、それよりかなり高いのですが、日本の家は、断熱効果が低いので体感温度は低いと思います。

カメラを固定させるために、シャッターのある反対側の面を柱に押しつける方法は,よく使います。

私の場合は、その面にゴムが貼り付けてあります。

そうすると、コンクリートの柱や壁にもフィットするんです。

それが出来ない時は、息を止めて、ぶれないようにシャッターを押します。

お試しあれ!

投稿: Takao→yukiさん | 2011年12月16日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉の呪縛 | トップページ | マウスウォッシュ・靴・応募 »