« 早寝早起き&ラストキング・オブ・スコットランド | トップページ | ラマダン明け »

2010年9月10日 (金)

歯科治療+またまた誕生日パーティー



昨晩は、かなり雨が降った様子。

Img_1019

モスクの近くでには、ラマダン明けを祝ってたくさんの人。





昨日は、午後2時から歯医者でした。

Img_0961

あまりお腹が空いていなかったので、そのまま何も食べないで大学で作業をしようかと思ったのですが、治療中にお腹がなると恥ずかしいので、ランチを食べに帰宅。

大学で食べなかったのは、歯磨きセットを持ってきていないため。トイレで歯を磨いている人って、ここではあまり見ません。





さて、歯医者さんですが、内装も少しづつ進んでいます。

Img_0964

今日が、おそらく最後の治療。

綺麗なリトアニア人の受付の人じゃなくてちょっとがっかり。



昨日は1時間治療時間が取ってありました。

神経を抜いた歯の漂白を今まで3週間やってきましたが、漂白の最後のプロセスと、隣の歯に詰めてあった黄色く変色してしまったレジンの交換。

私としては、当初、ダイレクトベニアといって、樹脂のようなものを歯につける方法をお願いしたのですが、先生は漂白を強く勧めたので折れました。

結果、歯科治療264.5+審美治療520ポンド=784.5ポンドという日本では考えられない超高額な治療費がかかってしまいました。

(追記:総額は68+98+166.5+200+70+250=852.5でした高!!!)

最終的に色はA4と言う色からA2という色に変わりましたが、黄色い縞が一部残り、あまり満足とはいえませんでしたが!

先生が一生懸命やってくれて、

「先生は、満足だ!。今後のために、写真を撮らせてくれ」

なんて張り切っているので、成功かなぁ・・・と思っています。

おまけに、口もとのアップのほかに、「イェーイ!って親指立てて」とお願いされて胸から上の写真も撮られました。(ちゃんと肖像権についてのサインは漂白開始の日にしました)

なんか、やらせみたいで、可笑しくて笑いが止まりませんでした。

Img_0966

私も記念に写真を撮らせてもらいました。

すると

「ちょっと待ってて、他の助手も連れてくるから・・・」

とのこと。

Img_0968

昨日は、ブロンドの女性でしたが、パキスタン系の助手さんが、大体、アシスタントをしてくれました。

アップでと撮ろうとすると、先生、メガネを外してポーズ!

Img_0971

見て分かると思いますが、いい人たちだから、結果がコレでもいいかなぁ・・・なんて。

Img_0967

ちなみに、歯の状態は、右に見えるモニター上で管理されていて、情報は一階(診察室は二階)の受付とリンクされていて、治療費がこのシステムを通じて伝わるようになっています。






さて、高額な治療費がかかりましたが、卒業式までに、どうしても歯をどうにかしたかったんですね。

私、口元が気になって口を閉じて笑う癖がついていています。

まぁ、人生はトレーニングジムのようなものですから、時として、予期しない出来事が起きたり、とんでもない治療費がかかったりします。

それにして、今で覚えているんですが、私が小学校のときに行っていた港区光林寺の歯科医院。

なんで、神経を抜いたのか未だ不明。子供ながらに、何で何ともない歯の裏を削って、爪楊枝みたいなものでグリグリやっているのか?不思議に思ったのを覚えています。





さて、1時間半の治療を終え、大学に戻ってきて作業開始。

木曜日は合気道の日だったんですが、ケニア人のエリアスの誕生日パーティーがあるということで、夕方6:30から最初の30分だけ参加することに。

Img_0973

しかし、皆、遅れてくるでしょうし、食事を注文しても出てくるには30分以上かかるでしょうから、結局、合気道は休むことにしました。

このお店は、地中海料理屋さんで、イラン人経営です。

Img_0976

なんと入店してみると、ナッサーがいました!!!

左手の火傷の部分は、まだ、腫れているようですが、元気そうで何より。

左ほほ、首の部分は見た感じ、もう分からないくらい治っています。

賠償金取れそう?

ってきいたら、弁護士と相談しているとのこと。





さて、このお店、少し、内装を変えたようですね。

Img_0979

天井も素敵になりました。

Img_0982

ちょっと、感じたんですけど、上流階級のアフリカンのお店での態度って、ちょっと横柄に感じることがありますね。

Img_1006

普段、そんな大したもの食べているわけでもないのに、あたかもグルメのように振舞うのはちょっと閉口。

Img_0989

私は、こういうパーティーのときは、おいしいおいしいといって、その場を楽しみたいタイプ。

Img_0986

ちなみに、アフリカ系以外では、日本人のMさんと

Img_1009

ドイツ人のダニエルが参加。

Img_1015

そして、10時半ごろ?解散。

今回は、ジョブがちょっと多めに出してくれた様子。一人あたりの支払いは11ポンド。




帰りは、方向が同じエリアスと帰宅。

ちょっと酔っていたので、11時半ごろに就寝。



はい、それでは皆さんよい週末を!!!

↓クリック協力お願いします!




プチプチがあるぞ・・・

2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ いい加減なブログなのに最近、ランキングの順位が上がっている。

・ 16.0名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« 早寝早起き&ラストキング・オブ・スコットランド | トップページ | ラマダン明け »

コメント

Takaoさん、

私も丁度歯医者に通っているところです。プラスチックの詰め物が欠けていて、それを修理するのが主目的ですが、年に1回は検査して貰い、その時に丁寧に歯石を取って貰います。歯茎があまり良くないので、歯石を取るのは重要ですね。

治療費、大変ですね。イギリスでの歯の治療費は、一般の医療とは違う仕組みのようですね。NHSは使えるようですが、かなり料金を取られるようですね。確かカナダ(?)など、一般の医療は国民皆保険でも、歯の治療だけは私費という国もあった気がします。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月11日 (土) 15時04分

歯の治療費、1回でこんなに払うんですか?
合計すると、日本に帰って治療できるくらいですね。
そういう意味では日本はいいかも・・・・でも、使わなくて、毎月保険料金、天引きされているから、結局おなじかかな?
こんな治療費払うのって、ビビッてしまう。
5月から4か月通って、毎週2-3000円くらい支払って、「ああ~物入り」って思ってたのは贅沢ですね。

投稿: ライオネル | 2010年9月11日 (土) 15時27分

大学の周りにはNHSの歯科がないので、私費でした。

日本の私費治療と比べても、高いと思います。

帰国、東ヨーロッパでの治療なんかも考えたのですが、時間的なことを考え、イギリス国内での治療となりました。

帰国したり、旅行すれば、プラスアルファお金がかかりますし、その期間は作業が中断しますから・・・

まぁ、人生なんてこんなものだと思います。

時として、こんなことが起きるんですね。

汗水たらして稼いだお金じゃないので、こうやってパーっと流れていってしまうのかな・・・と。

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月11日 (土) 21時52分

歯の漂白については、いろいろネット上で情報を集めましたが、相場よりかなり高いです。

虫歯の治療だけだったら、こんなにかからなかったんですが、8月時間が合ったので、やってみました。

ただ、治療に使う素材によってもいろいろ値段が変わってくると思うので、素人の私には、べらぼうに高かったのか?実際のところよく分かりません。

歯はある意味、自己管理を行った結果で、自己責任ですよね。

ですから仕方ないなぁ・・・と思っています。

投稿: Takao→ライオネルさん | 2010年9月11日 (土) 21時58分

Takaoさん、

ウィキペディア英語版を見てみましたが、確かにイギリスの歯の治療は、NHSを使っても有料で、結構高価になるようですね。これに関してのみは日本の方がお得かも知れません。イギリス人は、アメリカ人に比べ、歯並びの悪い人、虫歯で困っている人が多いように感じます。

でも医療全般で見ると、イギリスは色々と欠点はあっても、素晴らしいですね。イギリス人も自国で最も誇りと思うことのひとつはNHSだということですが、それもうなずけます。歳を取って毎週のように医者にかからないといけない時に、医療費を心配しなくて良いというのは凄いことです。日本に帰って思うのですが、イギリスの民放テレビで目立って多い広告は自動車保険と旅行保険。日本では、自動車保険の広告も幾らかありますが、健康保険の広告の何と多いこと!昼間の高齢者が良く見る時間帯は、健康保険広告のオンパレードです。それだけの市場がある、つまり皆さん、不安に思っているのでしょう。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月11日 (土) 23時05分

NHSの歯医者の場合、非常に待たされるようです。

また、高額であるため、イギリス人には、自分でペンチで歯を抜いたり、自分で治療?したことがある人が、かなりいる・・・と、どこかでニュースで読みました。

>アメリカ人に比べ、歯並びの悪い人、虫歯で困っている人が多い

これは国民性でしょうね。

アメリカって、歯の美しさ=知的・社会レベル

というのがあるようですから、関心度が全然違うようですね。

私も、日本ではあまり気にならなかったのですが、大学内を見回してみると、結構、皆、歯が綺麗なので、治療をすることにしました。

>医療費を心配しなくて良いというのは凄いことです。

これを誇りに思っているイギリス人は多いようですね。

高度で高額になる治療を受けるときは、非常にありがたいと思いますが、ちょっとした治療を受けにくいのが難点だと思います。

私、今までNHSのお世話になったことはないのですが、GPの評判ってあまりよくないです。

抜本的な解決をすることなく、痛み止めを処方されて終わることが多いようです。

少しお金を払っても良いから、プラスアルファの治療が受けられると良いのに・・・と私は思っています。

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月12日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早寝早起き&ラストキング・オブ・スコットランド | トップページ | ラマダン明け »