« リバプールへ行く(その5) | トップページ | ハワースへ行く(その2)+α »

2010年9月 2日 (木)

ハワースへ行く(その1)




今日は10時過ぎ出勤。

Img_0800

今朝の朝食。

Img_0794

食後、振り返ると後ろのコーヒーテーブルにあった花瓶を倒し、割ってしまった。

Img_0798

まだ、将来に経済的な不安を抱えていたとき、1.99ポンドのこの花瓶を買うべきか迷ったが、やはり、心に潤いが欲しかったので購入した。

長い間どうもありがとう!



さて、昨日は、ブログを更新した後、12時10分から歯医者。

受付はリフォーム中。

Img_0790

受付係は目の綺麗な若い女性に変わっていた。

Img_0787

すぐに上の診察室の近くの待合席に移る。なぜか、ここにあるのは子供の本ばかり。

診察時間は大体30分。



その後、ATMでお金を下ろし、大家に家賃を払いに寄って、家に帰る。

そして、オンラインで90ポンドのサムソンのカラーレーザープリンターと95ポンドのトナーを購入。

私の論文は100ページ近く、カラー印刷を必要とするグラフがあるため、そろばんを弾いたら、カラーレーザーを買ったほうが安いことが判明。



食事中、漂白剤を詰めた歯のカバーが取れてしまい、歯医者に電話をする。

食事を中止し、歯を磨いて、大学でスタンバイ。

30分後くらいに電話があり、歯医者に向かう。

食後で、診察中、何度が眠りに落ちそうになった。



その後、大学に戻り、2回目のブログ更新を始める。

こんな感じで、何もしない一日となってしまった。

お腹が空いたので8時過ぎに退却。






さて、ここから月曜日のハワースのお話。

(ハワースは三大悲劇の一つと評されている「嵐が丘」の作者が育ち、物語のモデルとなった場所)

昨年のハワースのお話はこちら! 昨年は8月22日に行った様子。

その後、一週間くらい、ハワースについて書いてあります。

Img_0463

オンライン校正業者へpaypalで送金していたりしたら、出発が遅くなってしまった。

バンクホリデーの街はガラガラ。

Img_0466

さて、切符を購入。往復で2.7ポンド。

Img_0467

11時41分のの電車に乗ります。

Img_0473

電車は12時ちょっとすぎにキースレーに到着。

Img_0481

ここから12時30分の蒸気機関車にのってハワースへ向かいます。

Img_0475

ここは、ホームのつくりが昔を思い出させるようなつくりになっています。

Img_0478

切符往復でハワースまで9.4ポンド。といっても、時間にして20分。距離にして4マイルくらい。

Img_0485

子連れが多くて、「僕にも子供がいたら、こういう楽しい思い出を経験させてあげられるのに・・・」なんて考える。

行きの電車はボックス席で、ミドルエイジの夫婦2組。途中から3人の子連れの家族が乗ってきました。

子供が「外が見えない」といって騒いでいるところが子供らしいなぁ・・・と思いました。

でも、しつけの厳しい親で、私にぶつかるときつく注意していました。






さて、ハワース駅。

Img_0488

一部の人は機関車に乗ることを目的としている人も多いみたいで、降りずに終点まで行く人も。

Img_0490

去年と変わりませんね。アイスクリーム屋さんがあって、

Img_0491

この坂を上ってメインストリートに向かいます。

Img_0492

僕には今回一つの目標がありました。

それは、メインストリートで食事をして、ビールを飲むと言うこと。

去年は、なんか勇気がなくて、それができなかったんです。

今回は夕方5時6分ハワース発の機関車がブッフェ付なので、それまでにハイキングを済ませ、駅まで戻ってこなければなりません。

Img_0495

よって、すぐ空いているお店に入りました。

Img_0497

グループで移動しているときは、あまり気になりませんが、一人で他の街のパブとかレストランに入るのって、勇気がいるんですよね。少なくとも去年までの私は。

注文したのは、よく分からないけど、Ploughman's lunch 

Img_0498

というもの。今、ウィキペディアで調べて、やっと、どういう食事が分かったところ。

飲み物はダイエットコーク。

パンとサラダ、ハム、ピクルス、バターがついているのをどういうわけか、Ploughman's lunchと呼ぶらしい。


店に入ってみると、別に差別を受けるわけでもなく、一人の客として扱ってくれるんですが、やっぱり、去年の私は入店できなかったんですね。どういう訳か・・・




さて、それから、店を出て、教会へ向かいます。
Img_0500
昨年は結婚式をやっていたので、入りませんでした。

途中、見つけた日本語の看板。

Img_0502
日本人の観光客が多いのでしょうね。

ちょっと、変わった字体ですね。日本語を勉強したイギリス人が書いたようにみえます。
Img_0503

ハイキングの帰りに寄ってみようと思いました。




さて、教会ですが、見学は無料ですが、
Img_0506

いたるところに、ここでも日本語で寄付のお願い。
Img_0507

とか日本語の説明。
Img_0511
先ほどのランチのおつり2.5ポンドがポケットの中にあったので、まず、それを寄付。
Img_0512

すると声が聞こえるんですね。
Img_0515

「今朝、頼んだ校正業者、最初の業者の見積りより200ポンドも安くなったでしょう。少し寄付しなさいよ!」

って。
Img_0516

で、10ポンド寄付することに。老朽化で早急な対策が必要なようです。

Img_0517
さて、教会の裏は墓地になっています。
Img_0519

エミリーブロンテのお墓もあるかなぁ・・・

なんて思いましたが、よく分からないので、すぐ隣のエミリー・ブロンテが育ったという家に作られた博物館へ。
Img_0521
残念ながら館内は撮影禁止。

なるほどなぁ・・・って思ったのは、姉妹が暖炉の周りで、創作活動をしたということ。

今、日本でも言われていますが、勉強部屋で個別に勉強させるより、家族のいる居間で勉強させたほうが、効率が良いらしいです。



さて、いよいよハイキングへ出発です。
Img_0526

「嵐が丘」のモデルになったと言われている、農家の跡まで片道大体4マイル。
Img_0525

腕には昨年、この場所で馬にかまれた痕がまだ残っています。
Img_0522

続きはまた明日!!!





↓クリック協力お願いします!




プチプチがあるぞ・・・

2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ ビクトリアと言うパレスチナ出身の平和学部の博士課程生と知り合いになる。

・ 10年前にイギリスに来たらしく、アクセントは完全にイギリス人。

・ 私も海外に10年以上住んでいるのになぁ・・・なんて考える。

・ 12.7名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« リバプールへ行く(その5) | トップページ | ハワースへ行く(その2)+α »

コメント

Takaoさん、

色々なところに日本語の表示があることに、日本人の訪問者、そして如何に日本にブロンテ姉妹の愛読者が多いか分かりますね。日本には、文学散歩という習慣もありますし。こういう事を見ると日本人に英文学愛好者が多いことが分かりますね。ただ、文学部が少なくなり、おそらく原作を、翻訳であれ、読む人が減少しているだろう事は残念ですけれど。私の大先輩のひとりも、ハワースがまだ単なる田舎町で、ブロンテ詣でをする人がほとんどいなかった時代から何度も行っています。

ところで、Keighleyをキースリー(あるいは、キースレー)と読むのは不思議ですね。歴史上のある時に、-gh-の部分を-th-と読むようになったのでしょうけれど、面白い例です。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月 3日 (金) 08時40分

昨年は教会に入りませんでしたので、日本語の表示があったか分かりませんが、パブの日本語看板は去年はありませんでした。

まぁ、観光地ですから観光客にはお金を落としてもらわなくてはなりませんが、そんな中でも日本語だけが書いてあるのは、Yoshiさんご指摘の文学散歩をする人が多いことの現れでしょうね。

キースレーの読み方ですが、昨日、合気道の時にも話題になりました。

Scarborough

なんかと並んで、イギリス人でも地名が読めない人が多いようです。

というか、スペリングと発音が一致していませんよね。


投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月 3日 (金) 21時25分

Takaoさん、

写真にあるようなひなびた田舎の教会、大好きです。大聖堂とはまた違った趣があって、落ち着きます。でも暖房のない時代、ヨークシャーの冬の教会は、さぞ寒かったことでしょうね。ブロンテ姉妹、特にエミリーとアンは早死にしていますが、気候と住環境の厳しさも関係ありそうです。

以前にも多分書いたかと思いますが、英語は表音文字であるラテン・アルファベットで出来ているので、綴りと発音は規則的に一致していた時期があったのですが、綴りが固定化されても発音は変わり続けるので、その後、段々綴りと発音がずれる単語が増えました。固有名詞の場合は特に難しいですね。これは日本語の人名地名でも同じでしょう。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月 4日 (土) 04時41分

晴天のMoorも美しいのかもしれませんが、どんよりとした冬の空のMoorも、趣があって良いのではないかと思いました。

私はレイフ・ファインズの嵐が丘しか知りませんが、あれを見ても、そう感じます。

寒い冬にあの街に泊まって、暖炉の近くで酒をチビチビやったら、美味しいだろうなぁ・・・なんて創造してしまいます。

日本の暑さを見ると、ウンザリですが、やはり、「冷え」のほうが体には良くないのでしょうね。

ただ、寒いほうが頭がさえるでしょうし、いろいろな文化がイギリスから発信されたのが分かるような気がします。

>綴りが固定化されても発音は変わり続けるので、

ということは、キースレーの発音は昔は違っていた可能性があると言うことですね。

なるほど・・・。まぁ、きっと発音しづらかったので、今のようになったんでしょうね。違うかな?

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月 4日 (土) 21時25分

Takaoさん、

イングランドの昔の庶民の家は暖炉はありましたが、各部屋にあったわけではなく、冬は非常に寒かったことでしょう。適度の寒さで頭が冴えると言うより、凍り付くように寒くて頭も働かなくなるほどでしょうね。小説、あるいは映画「ジェイン・エアー」の冒頭の学校のシーンを見るとその厳しさが感じられます。

Keighleyの語源は
Keigh ley< a wood / a clearing
と言うことらしく、 Cyhhaという人の森(あるいは森の中の開墾地)、という意味のようです。ただし、Keighは古い英語の人名Cyhhaとは対応していますが、どう読んでも「キース」にはなりません。多分、Keighがイギリス人に良くあるKeithという名前の綴りと似ているので、ある時代から綴りはそのままでも「キース」と呼ぶようになったのかなあ、というのが語源学には素人である私の推測です。でも間違っているかも知れません。Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月 4日 (土) 23時29分


>ジェイン・エアー

ライオネルさんのコメントにもあり、Youtubeで調べてみたら、ありました。

このBBCドラマはDVD化されているのに、放置されているようですね。

時間があるときに、見てみようと思います。

>適度の寒さで頭が冴えると言うより、

私はこれにはちょっと異論です。

和辻哲郎の「風土」じゃないですけど、その国の気候と文化はかなりリンクしていて、こういった文学作品が寒い地域に多いのは、偶然ではないと思います。

>Keigh ley< a wood / a clearing


なるほど・・・興味深いですね。

私はこの分野はまったく分かりませんが、Yoshiさんの推測も説得力がありますね。

週末、ユダヤ人を救ったと言う杉原千畝の動画と関連して、日ユ同祖論の動画を見ました。

日本語とヘブライ語に似ている言葉が多くて、びっくり!

言葉がどのように進化してきたのかを創造するのは、楽しいですね。

ところで、まったく関係ないのですが、Yoshiさん、私と誕生日同じですね。

これまたびっくり!!!

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月 6日 (月) 00時06分

Takaoさん、

>こういった文学作品が寒い地域に多いのは、偶然ではないと思います。

もちろん、ヨークシャーの厳しい気候あってのブロンテ3姉妹の傑作であることは私も同じ考えです。ただ、ろくに暖房もなく、寒さのために肺炎を起こして人がどんどん死んでいったような時代のヨークシャーの気候と住環境の厳しさについて思っただけです。ブロンテ姉妹の上の3人が送られた寄宿女学校では病気が流行し、姉妹のうち上の2人が亡くなりました(ブロンテ姉妹は5人いたんです)。『ジェイン・エア』の最初で、ジェインの親友が気管支か肺の病で亡くなる痛々しいシーンがあるのですが、あれは作者の体験に基づいているのでしょう。

日本語とヘブライ語の語彙が似ているのですか。おもしろいですね。偶然でしょうかね。日本語とハングルが似ているのは韓国の留学生の日本語上達が特に早いのを見てもうなずけますけれど。ただし、語彙の相似は、あまり当てになりませんね。文章の構造が似ていれば、ふたつの言語はルーツを共にしているでしょうけれど。英語は単語のよく似ているフランス語よりも、フランス語との間ほどには似た単語は多くないドイツ語に、より近い言語です。

誕生日ばれましたか(^_^)。いつか万聖節のこと書きましたが、あれ、自分のことだったんです。僕たち、聖者ですよ、きっと(^_^)。またはお化け! Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月 6日 (月) 15時45分

なるほど・・・

私も姉妹の病気の話、どこかで読みました。

夭折ですよね。

やはり、あのドラマを見なくては・・・と思うものの、期限付じゃないと、ついついあとに伸ばしてしまいます。

日ユ同祖論

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E3%83%A6%E5%90%8C%E7%A5%96%E8%AB%96

ですが、文法的には似てないとしても、過去に何らかの接触があって、その言葉が延々と残っているのかと思うと、都市伝説のようですが、なかなか楽しいです。

ちなみに、イスラエル大使館は、本気で調査をしているようです。

誕生日ですが、ふとFacebookを見ていて発見しました。
Yoshiさんは非表示に設定していますが、誕生日のリストの方には載っていました。

私が聖者の生まれ変わりかわかりせんが、そう信じて、自己暗示をかけて生活すれば、プラスの影響があるんじゃないかなぁ・・・と思っています。

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月 6日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リバプールへ行く(その5) | トップページ | ハワースへ行く(その2)+α »