« 強風・買い物・予備校の思い出 | トップページ | 謝辞を書く »

2010年9月16日 (木)

小松美彦先生



今日は、通常通りの記事を書く前に、昨日、私と同じく元河合塾生 の方へ送った返信を貼り付けて、小松先生について書きたいと思います。

私は平成元年、河合塾の千駄ヶ谷校で浪人をしていました。

71c8136859f3abdba8c9247b5009ccbe

いろいろな先生に出会ったのですが、小論文を教えてくださった小松先生

Komatsu

         (某サイトより勝手に拝借・・・)

お忍びで行っていた駿優予備校で出会った奥井潔 先生が印象深いです。

二人とも共通しているのは、講義の外での対応が非常に優しかったこと。

毎週土曜日、わざわざ池袋まで講義を受けに入った宮崎 ○先生は、結構、外部生の扱いが荒くて、イメージダウンでした。




小松先生は、多浪して東大に入学された後、博士課程を終了され、おそらく平成元年ごろ河合塾で指導を始められたのだと思います。

多浪時代は、成田の三里塚にいたとか、何とか言っていた気もしますが、はっきり覚えていません。

今は、生面倫理がご専門で、東京海洋大学で教授をされています。

さて、以下が昨日送ったメールです。


*******************************************

○瀬さま

早速の返信ありがとうございます。

思い出を共有できてとても嬉しいです。

今、イギリスの博士課程に在籍しており、どういう訳か昔のことをよく思い出します。

以下、小松先生の思い出です。

ちょっと長くなりますが、お時間があるときに読んでください。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

講義中、先生は「トイレに落書きせよ!」と学生を扇動していました。

これに対し河合塾側は、模造紙をトイレの個室に貼ることで対応しました。

しかし、「(模造紙の)枠の中に書いているようではだめだ!」

と先生は壁に書くことを主張。

私は、どうしても他人に迷惑を考えない学生が許せず、河合塾の小論文用の原稿用紙に、

「・・・お前達は小松の犬か?」

と書いて、トイレの個室に貼って挑発しました。



すると、これを読んだ小松先生が、授業中に

「誰が書いたか分からないが、是非、私のところに来てください。話をしましょう」

とアプローチをしてきたので、時間割を調べて池袋校舎まで対談に行きました。

しかしながら、蛇に睨まれたカエルのようで全然議論になりませんでした。

先生の主張は、

「トイレの排水口を詰まらせて、洪水を起こすのと違って可愛いもの。主義主張をしないことによって失うモノの方が、落書きによって生ずる損失より大きい」

というもの。なぜ、トイレの個室で主義主張をしなくてはいけないのか?未だに意味不明です。



ただ、先生は話してみると非常に温厚な方で、

「君は何処の大学を受けるんだ?○大の人間科学?じゃー、XXXについて書いてみな
さい。読んであげるから。でも、あいつら(人間科学の講師陣)、何を考えているのかよく分からないんだよね。」

という感じでした。

今考えてみると、小松先生がやっている生命倫理は、人間科学部のやっている内容とど
こかでリンクしていたのかなぁと思います。




さて、○瀬さんのエッセイを読んで思い出しました。

小松先生の小論文の授業で、別役実の「さいなみ草」という架空の植物の薬効について
出題がありました。

たしか、最後に

「食べたら水虫が治った・・・」

と言うような記述がありました。

多くの受講者はこれが、架空の草だと見抜けずに、小論文を書きました。

採点後、先生からの説明がありましたが、その時のコメントが忘れられません。

「まずは、これが嘘だと見抜けなくてはいけない。食べたら水虫が治るなんてあるわけないじゃん・・・」

と19歳の私には非常にショッキングな講義でした。

***********************************************

こんな感じです。

先生はおそらく当時35歳くらいだったのですが、非常に貫禄がありました。

私が貼り紙をして、扇動者を明らかにしたことによって、河合塾から減棒されないか心配していたのですが、

「それは大丈夫だよ

といっておられました。

落ち着いた低音の声、「き」の発音に特徴があるのを覚えていますが、今でもお変わりない様子。




当時、知的な先生にあこがれて追いつきたいと思ったものですが、先生の書かれた文章は未だ私には難解ですね(笑)。

ともあれ元気そうで何よりです。

過去の思い出を忘れてしまう前に、書きとめておきたいと思い、こういうエントリーを入れてみました。

それでは、これから、いつもどおりの記事を書きたいと思います。



↓クリック協力お願いします!




プチプチがあるぞ・・・

2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ 18.3名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« 強風・買い物・予備校の思い出 | トップページ | 謝辞を書く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強風・買い物・予備校の思い出 | トップページ | 謝辞を書く »