« ラマダン明け | トップページ | ケバビッシュ・フォーマット調整 »

2010年9月12日 (日)

晴天・映画を見に行く





またまた12時過ぎに出勤。

家の前では、ラマダン明けで買ってもらった鉄砲で遊んでいる男の子。

Img_1101

お姉さんのほうは「私は買ってもらっていないの」という。

明るく話しているけど、なんか買ってあげたいなぁ・・・って思う。






さて、「今日こそは、何もない一日になるだろう」と思い、作業の途中に外に出て、空の写真を数枚。

Img_1083

天気のよい日だったようです。

Img_1084

偶然、院生室の前でであった、図書館の警備をしている中国人のリーさんと少し話しをする。

リーさんは、図書館以外の建物は全然知らないようで、へぇ・・・ここで勉強しているんだ・・・なんて言っていました。

Img_1087

ところで、こういう空を見ることは東京ではないだろうなぁ、と思う。





夕方になり、アブダラ夫妻がやってきた。

本当に、彼の行動はドリフターズのジョークみたい。

咳払いなんか、非常に特徴的で、「オェ!」って言っているみたいにも聞こえる。

(嫌いだからかもしれないけど・・・)

あと、どうやら、中耳炎だか、耳が悪いらしく、よく聞こえないためか、

あ?」と、質問を聞き返すときの相槌も、非常に大きく、気になる。

(あとで、エリアスとかにも聞いてみたけど、やっぱり気になるみたい・・・)





5時半ごろになり、日本人のMさん、エリアス、パメラに映画に行こう!と誘われる。

先週は、プリンターーを待っていたりして、あまり作業をしていないので、一度は断ったが、アブダラ夫妻と私だけになると、彼らのおしゃべりのボリュームは大きくなるだろうし、部屋の中でいちゃいちゃされたら、イライラして作業にならないと思い、一緒に行くことにする。

Img_1089

昨日はランチを食べていなかったのですが、そのまま映画館へ。

Img_1090

ラマダン明けのお祭りは3日間(今日まで)続くということで、イスラム系の若者がすごく多かったです。

警備もかなり厳重で、映画館にはたくさんの警備員。

Img_1092

私も身長176センチ、体重は80キロ以上あるし、小柄ではないと思うけど、私が小柄に見えるくらい警備員は、でかいです。

確か2007年1月ごろ、元気になりたくてウィル・スミス主演の幸せのちからを見にきました。

Img_1095

それから一本も映画館で見ていません。

シアターが10以上あるためか?中に入ってみるとガラガラでした。

見た映画は、人生は初のスウェーデン映画 The girl who played with fire (学生5.5ポンド)

Thegirlwhoplayedwithfire

何の予備知識もなく見に行ったため、これってポーランド語?ロシア語?

って感じで、途中「ストックホルム」という言葉が出てくるまで、一体どの国が舞台なのか気になりました。

まぁ、途中までは良かったのですが、最後は、現実味に欠けた娯楽映画というエンディングで、ちょっとがっかり。

ただ、ストックホルムの街並みは綺麗で、帰国前に一度行って見たいと思いました。





私は同じ姿勢をキープするのが出来なくて、鑑賞中、いろいろ姿勢を変えるのですが、一緒に来ているので、気を使ってしまいます。

お腹が空いて、外に何か買いに行こうかな?とも思いましたが、それもなんか気を使って結局、行かなかったし。

Img_1096

最後に感じたのは、やっぱり、一人で来たいということでした。




街では、ラマダン明けのイルミネーション。

Img_1098

そのまま、院生室に戻ろうかと思いましたが、お腹が空いたので、ケバブヤへ。

Img_1099

店のオーナーの息子ハイダーと火傷を負ったナッサーについて話をしました。

ナッサーの保障は、どうやら国がしてくれるようです。

ただ、保険会社が間に入って、いろいろ調査をする様子。

ハイダー曰く、ナッサーのミスは、お金を払わなかった犯人を店の外まで追ってしまったこと、らしいです。

これが、保険会社に知れると、補償額が減額されるだろう・・・とのこと。



ともあれ、その後、家でケバブラップを食べたら、大学に行く気がなくなり、そのまま、ネットサーフィンをして、零時前に寝ました。

なのに、起床は9時過ぎ。

疲れているのかなぁ・・・、特に何もしていないのに。



あっという間に12日。

今日も頑張ります!

↓クリック協力お願いします!




プチプチがあるぞ・・・



2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ 昨日は9.11の番組が多かったが、どうも見る気にならなかった。

Img_1088

・ 昨日、一時的に学問・科学分野で4位になっていた。初めてのことだと思います。クリックありがとうございます。

・ 16.7名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« ラマダン明け | トップページ | ケバビッシュ・フォーマット調整 »

コメント

Takaoさん、

次に映画館に行く時は、デートで! ご研究とともに、頑張って下さい。

私は今日も妻と劇に行きました。妻のほうが詳しいので、いつも色々と教えて貰います。私にとっては、これだけでも結婚の価値あり。

まあ、(ライアンさんだったかな)合気道でも、写真でも金魚飼育でも良いんですが、共通の趣味があると楽しいですよ。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2010年9月12日 (日) 22時57分

こんばんは。

引用文献のフォーマットチェックをやっておりました。

予想以上に時間がかかってしまいました。

奥様とデートですか?
素敵ですね。

最近の劇に関する批評、(私は観劇しないのですが)興味深く拝見しております。

興味本位で、他の日本人がどう評価しているか検索してみましたが、おおむねプラスの評価のようですね。

やはり、本場を知らない日本人は「こんなもんだろう」と思ってしまうのでしょうね。

>共通の趣味があると楽しいですよ。

皇太子殿下が結婚する前、

「美しいものを見たとき、それを美しいと評価できる人」

とお妃候補について述べていましたが、価値観が同じであったり、共通の趣味があるというのはよいのでしょうね。

そのうち、ブログ上で募集したいと思います。(笑)

投稿: Takao→Yoshiさん | 2010年9月13日 (月) 04時38分

この映画って、「ドラゴン・タトゥーの女」でしょうか?
ベストセラーみたいですね。

スエーデンはステキでしたよ。
「スカンジナビア・ヒーリーング」というそうですが・・・・救急車以外大きな音もなく、車の音も静かで。
心が落ち着きました。
食べ物も美味しいし。
ただ・・・・物価が・・・

投稿: ライオネル | 2010年9月13日 (月) 13時06分

どうも!

>「ドラゴン・タトゥーの女」

あの映画が3部作であることを後で知りました。

前作とつながっているプロットもあり、どうりで話が分かりづらいわけです。

かなりのヒット作のようですね。

>スエーデンはステキでしたよ。

スウェーデン行ってみたいのですが、行くとしたら12月が1月の寒い時期。

・・・アンラッキーですね。

投稿: Takao→ライオネルさん | 2010年9月13日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラマダン明け | トップページ | ケバビッシュ・フォーマット調整 »