« 複雑な事情 | トップページ | サーバーダウン! »

2009年9月 2日 (水)

眠い・・・


今日はくもり。

なんか夜型になってしまい朝起きても眠たいです。

Img_8553_2


昨日は特に何もなかったのですが、銀行からのレターが気になるところ。

電話をかけたのですが、つかまりませんでした。

ということなのだが、電話かけてきた形跡はないし、海外からの送金がブロックさせれている感じ・・・

1時間ほど前、銀行に電話をかけたものの、

担当者が忙しいので折り返し電話します。Sir...

なんていう。

Sir???

そういうのを慇懃無礼というのだ!

と思うくらい心が捻じ曲がってしまった私。

まぁ、実際、イギリスの銀行員なんて少額を貯金している顧客を客だなんて実際思っていないだろうけど・・・



昨日ですが、夕方、疲れてしまいいったん退却することに。

ただ、ケバブ屋が準備が出来る5時過ぎまで、アトリウムで本を読みました。

Img_8533

今の時期は、マスターの論文提出の時期なので、学内の印刷屋は大忙しです。

といっても、日本のように急がないのがイギリス流。


・・・で、時間になったのでケバブ屋に行ってバーガーを頼みました。

Img_8541

ナッサーの従兄弟と言う人が新しく着ていたけど、面白いですね。

こういう単純労働であっても、ナッサーは

俺は出来る店員!

と言うのをアピールするために、従兄弟の仕事を邪魔したり、ケチつけます。

くだらないけど、これが人間なんだよね。




ちなみに、店から見えるこのY字路。

Img_8538

左の道には麻薬の取引所と思われるとおりで、昨日もお姉さんが売人を待っていました。

そして、これは店から見えるカレー屋。

Img_8537

パーティー予約承ります!

っていうけど、カレー屋でパーティー?って・・・



家に帰ってバーガーを食べて、8時ごろ大学に再出勤。

特に変わったことはなし。

Img_8543

そうそう、夜のメンバーはほとんどアフリカンなんですけど、右のグレースがムッとしていますね(笑)

白い帽子をかぶった子の足の足が長いので

僕の足より長い!

って言ったらグレース。

ヘンな事いうねぇ・・・

だって。

まだリサーチの余地はあるけど、欧米人、アフリカンは日本人ほど足の長さを気にしないのかも・・・





そんな感じで、ダラダラしながら午前1時過ぎまで大学に滞在。

Img_8544

それから家に帰ります。

Img_8548

勿論真っ暗。

このあとASUSのEee PCが壊れていることが判明したけど、その話はまた明日・・・






・・・なんか本当に今日は眠たい。

↓クリック協力お願いします!



プチプチがあるぞ・・・





2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ そういえば選挙について書くのを忘れていた。

・ 日曜日は選挙速報を頻繁にチェック。

・ 佐藤さんも片山さんもタダの人。

・ 林文子さんがいつの間にか横浜市長になっていた。

・ 彼女のアプローチがどのくらい公共機関で働くのか?興味あり。

・ 昨日の記事。

・ あんなにダラダラと長くて、意味不明な文章なのにクリックをしてくれる人がいることに感謝。

・ 15.9名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« 複雑な事情 | トップページ | サーバーダウン! »

コメント

林文子さんが横浜市長に?早速ネットで検索してしまいました。政治の世界にあらゆるバックグラウンドの人達が流入してきますが、やはり魅力的でやりがいのある職業なのでしょうかねぇ。実は我が家は30年(以上?)前にHondaの車をあの方から買ったので心の中では応援したい気持ちがあります。ガツガツしたセールスウーマンではなかったような気がします。期待したいです。

>>担当者が忙しいので折り返し電話します。Sir...

こちらも同じです。学校の事務の女性二人組。一番やる気の無い女性コンビをフロントに配置するマネージメントって何?という感じ。「私今物凄く疲れているの」態度で接して来ますが、レセプションに意見箱みたいなのが置いてあって、一応企業努力が伺え、やる気が無いながらも「上から言われているから仕方なく」作り笑顔と「Thank you very much」は欠かしません。見ていて可笑しくなるほど、意見箱を気にしているのが分かります(笑)。しかもいつもフロントデスクの奥の方でくっちゃべってる女性達数名。あの人達、必要ない気がするな。データ入力でもしているのか。たまに表に出てきて教師やプログラムマネージャーとのコンタクトのリエゾンをしているだけのような。アングロサクソン系国家はバシバシ人をクビにするくせに人材を無駄に寝かせている場合もあるようで不思議ですね。あんなもんもっと少人数でまわすべきでしょう、と。フロントに頬杖つかせたりアクビさせたりする程暇しているのだから。
良い一日を!

投稿: WBS | 2009年9月 3日 (木) 06時46分

どうも!
今日の調子はいまいちで、早く帰りたいところです。

>実は我が家は30年(以上?)前にHondaの車をあの方から買った

車を何百台、何千台?も売った方ですから、WBSさん御一家のような方もいるのですね。

あの方のインタビューを見てみると分かるのですが、

車の性能
割引

なんかで話を進めるのでなく、周りからジワジワと責めていく感じですね。

今日は暑いですねぇ・・・
麦茶でもいかがですか?

って感じで、お客さんを取り込みます。

あと、ギスギスした組織を嫌うようですね。

休みをちゃんと取らないと、いい仕事は出来ない

という考えには共感です。

彼女のアプローチは車を売ることには成功したのでしょうが、ダイエーのCEOになって以降はどうだったのでしょうかね。

結局、ダイエーはダメだったわけですし・・・

ともあれ興味があります。


>一番やる気の無い女性コンビをフロントに配置するマネージメントって何?

結局、このような状態であっても成り立ってしまうくらい競争がないということなのでしょうね。

航空業界ではサービスの質は大きな判断材料なのに、なんでそのマインドが一般企業とかに浸透していないのでしょうかね。

>あんなもんもっと少人数でまわすべきでしょう

私の印象なのですが、一部の欧米人は作業量が多く、ストレスの高い職場では仕事が出来ない人が多いのだと思います。

日本人からすると大したことない仕事量でも、彼らからすると「大忙し」って認識でいることって多いですよね。

「お前、そんなだったら、もっと早く動いて、走れよ!」

って感じ。

そういう人でも、そこそこいい暮らしが出来る収入が得られるわけですから、白人って言うのは恵まれていますよね。

そう思いません?

日本はとにかく住宅が狭いのに高い!

ここに不幸の原因があるような気がします。

投稿: Takao→WBSさん | 2009年9月 3日 (木) 07時21分

あの方の働いていた支店がそう遠くないのでテリトリーだったのでしょうね。セールス手法は興味深いですね。数売りたいのか、トップセールスになりたいのか、自分のやり方を押し通したいのか、顧客との関係を重要視したいのか、全部満足させたいのか。

>>休みをちゃんと取らないと、いい仕事は出来ないという考えには共感です。

僕もメリハリ付けた方が良い気がしますが、以前猛烈サラリーマン世代の親父と日本の労働生産性の数値の悪さ(この数値の定義さえ把握してない僕)について議論したのですが、やはり、営業は特に夕方までは外回りを、その後、事務的処理を社内で長時間やり、取引先も同じようにそうやっているようだし、合わせないとね、という結論に。日本人の文化・風習、商習慣に根付いているのかも知れませんね。いえ、これは是非自分でもはっきりさせたい領域なので言っている事は全くの印象論でしかありませんが。
ただ、親父世代が若手社員の頃に欧米に研修に行ってた頃特に感じたのは、現場のブルーカラーと管理しているホワイトカラーの区別(階層区別)が非常にはっきりしている点だったそうです。故に、現場の労働者は日本より遥かに質が悪く、toyotaのように現場の意見も反映されず、社会からもそういう階層に位置づけられ、それ相応のパフォーマンスしか要求されず、事実、職業倫理もへったくそも無いから、最低限の仕事しかやらないという感じだったそうです。大坂万博以前のハナシですからね。その後GM, Fordなどが日本式経営のカンバン方式やワイガヤを取り入れたんだと大学で習いました。その後日本は失われた10年に即行突入してアメリカニズムを取り入れるかどうか、いまだに決めかねてますよね。もう遅いのではないか、と。どっちにしろ。良い思いをしてきた親父は小泉さん大支持派で改革大賛成派のようです。勝手なものですね。未だに部屋にモノクロのすかしたケネディーの写真を雑誌から切り取り抜いたものを小さな額縁に入れて書斎に飾ってます。オバマを褒め称え、僕が少しでも保守派的な意見を言うと「評論家みたいなことを言って飯が食えればいいけどな。」と来ます。それはきっと親父が大企業においては本音は言えない異端児グループだったからかも知れません。

林文子さんは本当は自動車セールスの現場が好きなのかも知れませんね、藤巻さん兄弟の弟さんがやはり個性が強くて適所を探されているように。ある分野で実績を残した人物が政治の世界で偉業を成したケースはあったでしょうか。。
昭和の妖怪・岸信介さんは大陸・半島の方で偉業を。。でも、あれは、ちょっと。。ちょっと違うか。でも顔がいいですよね。あれぞ大物。佐藤さんも大好きですね、あの「馬鹿野郎発言」。クリーンではなかったのかも知れませんが良き時代には変わりありません。

>>そう思いません?

まさに!だって、「コピー貰ってないよ」、と彼女らに言うと、「いや、やったはず。」、「絶対に貰ってないから。」と、あさっての方向を向いて「いいや~???」とすました顔していると、(あるじゃん、君の目の前に)君がコピーして「渡したといった奴がさ。」。こんなもんですよ(苦笑)。「Sorry」一つ言わない。今度から意見箱見ながら彼女達と交渉しようかなぁ、と(苦笑)。だって自信満々に言うものだから、二人掛りでねぇ。こちらも構えますですよ(苦笑)。

住宅事情に関してはバブル絶頂期の頃、唯一アメリカに追いついてないのが、住宅事情、基礎技術、半導体、宇宙航空産業、基礎技術と習いましたが、う~ん、国の成り立ちが違うから良いのでは?アメリカ、カナダ、オーストラリア、南アフリカ。正直、実家は成金でも何でもないですが、広すぎだと感じます。学生の頃、年賀ら年中ホームパーティーをしてましたが、社会人になって僕が歳を重ねるごとに、所有者の親が歳をとれば持て余して売りに出したいと言う始末です。もちろん、アメリカに住めばでかい家が普通でしょうから。でも、それが日本のネックになっているとは、今は(昔はそう思ってました)全く思いません。急激な社会変化に付いていけない事事態と冷静な判断が出来ていないことが問題なんだと思います。ただ、そこそこの職業でそこそこのお給料でもそこそこの住宅が得られる、といことが日本では不可能である、というご意見なら全く賛成です。

>>そういう人でも、そう思いません?

完全に同意です。欧米流効率主義が必要かなぁ、と。

長くなってしまいました、すみません。


投稿: WBS | 2009年9月 3日 (木) 15時51分

またまたマシンガン(笑)

>数売りたいのか、トップセールスになりたいのか、自分のやり方を押し通したいのか

顧客のことを良く考えると、数にもつながるし、お互いに満足度の高い関係が構築できるのではと思います。

>合わせないとね、という結論に。

夏休みなんかもそうですよね。

お互いの仕事につながりがあれば、仕方ないのかもしれませんけどね。

頑張り合戦みたいな残業はよくないですよね。

やはり、あまたが働く時間って言うのは限られていると思います。

>ワイガヤを取り入れた

始めて聞いて、検索しましたが、ホンダのメソッドなんですか?

ようするにブレーンストーミングって奴ですね。

>大企業においては本音は言えない異端児グループ

結局、大体の人は、自分を正当化できるようなロジックで理論武装しますよね。

私も含めて。

>藤巻兄弟
藤巻 健史、幸夫兄弟のことだと思いますが、余り良く存じ上げません。
勉強しておきます。

>ある分野で実績を残した人物が政治の世界で偉業を成したケースはあったでしょうか

日本の場合、実業家が政界に入るルートがあまりないのではないでしょうか?

やはり、地盤とかいろいろあって、いろいろなものがそろわないと政界には入れませんよね。

そういう面では、世襲議員は強いですよね。

ブッシュ前大統領なんてのは実業家ですよね。

でも、政治家として偉業は残していませんけどね・・・

>社会人になって僕が歳を重ねるごとに、所有者の親が歳をとれば持て余して売りに出したいと言う始末です。

年齢とともに、家に対するニーズは変化するでしょうが、やはり、適度な広さは必要でしょう?

日本の問題は、森林が6割以上?で平地が少ないことが原因だと思います。

あと、四季があり自身もあるため、家も傷みやすいし、価値も急激に下がる。

イギリスのように、今ある家を売って、大きい家に住む。

という技が使えません。

車と同じですよね。

リッターカーを10年後に売ったってスズメの涙。

3ナンバーカーを購入する足しにもなりません。

いろいろ考えると、固定資産税が安く済む、田舎暮らしが(事情が許せば)良いような気がします。

>完全に同意です。欧米流効率主義が必要かなぁ、と。

私が意味したのと、ちょっと違います。

欧米は日本と比べて、休暇も長い、また、住宅事情も悪くない。

だから、白人は恵まれていると思う

ということです。

どうして、このような生活が教授できるのか?そのカラクリは良く分かりません。

まぁ、アメリカの場合、格差社会と言いますから、トレーラーハウスで暮らしている貧しい人も沢山いるのでしょうけどね。

イギリス、オーストラリアなんかは、社会保障制度が充実していて、仕事しなくても暮らしている人がかなりいますよね。

その人たちが、貧しい暮らしか?といえばそこそこの暮らし。

日本のサラリーマンのほうが、厳しい生活をしている人も多いと思います。

・・・短くまとめるつもりが、長くなりました・・・

投稿: Takao→WBSさん | 2009年9月 4日 (金) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 複雑な事情 | トップページ | サーバーダウン! »