« ソリテア・フェスティバル その2 | トップページ | 難しい選択 »

2009年9月22日 (火)

写真好きなアフリカン



今日は小雨。

大学では新入生に対するいろいろな行事が始まっています。

Img_9705

でも、この大学はサークル活動が全然!ですし、入学式もないので日本のような光景はみられません。





・・・昨日のお昼。お腹が空いたのですが、夕方5時過ぎには合気道の稽古のために帰るので、スナックで済ませようとしていました。

・・・よくないですね。

お菓子で済ませようとすると、余計にカロリーを摂取する結果となります。

Img_9697

幸い、博士課程の新入生の懇親会があったので参加しました。

ここでワインを一杯飲んだのがまずかったのか?

倦怠感のため、4時くらいに家に帰ることになります。





ところで、写真好きのアフリカン。いつもの調子で

Takao, take my photo!

(直訳:タカオ、写真撮れ!)

まぁ、彼らを知っているからいいけど・・・

おまけに画像ファイルをちゃんと渡さないと、

You never give me...

(直訳:あんたは(写真撮るだけでファイルを)くれた事なんてない。)

なんていうからね。

そんな義務は私にはないよ!プンプン!!!

Img_9699

アフリカンの写真を撮るのは難しい。

フラッシュをたくか?

露出をあげないと顔が暗くなってしまう。





ちなみに上の写真を撮ったら、右のワムユ。

何で私の顔はそんなに黒いの?

って、左のポーランド人のマリシアと一緒に回答に困ってしまいました。

Img_9701

間違っても

「それは君の顔が黒いからだよ!」

なんていえない。

よって、もう一枚。





・・・さて、背中の凝りと倦怠感なんですけど、食べ物とも関係するのかなぁ・・・って。

土曜日のお酒が良くなかったような気もします。

Img_9702

運動不足の場合も考えられるので、合気道の稽古へ。

一緒に飲みかけのプロテインも持って行きました。

Img_9703

アンドリューに渡すつもりだったのに、彼は欠席。




・・・さて、今日から指導教授が海外出張から復帰です。

午後に会う予定だから、ちょっと頑張らないと・・・

はい、それではまた明日!!!




↓クリック協力お願いします↓

ワンクリックで10ポイント獲得!

私のレベルが上がります!!!



ボタンがあるぞ・・・








Thumb_2 Dqmbsraim人気ブログランキングへDqmbobakekinoko










<追記>

・ 昨日の夕方はチキンケバブ。

・ ケバブ屋のナサーの元気がなかった。

・ 日本の母校(大学)の先生からメール。

・13.6名/日のクリック。感謝いたします!!!

 

|

« ソリテア・フェスティバル その2 | トップページ | 難しい選択 »

コメント

Takaoさま、

写真好きのアフリカン、と行っても、撮られる方が好き、ってことですね。アフリカの方は撮る方はどうなのかな。やはり日本人とか中国人など、東アジアの人の方がカメラ好きでしょうか。最近、カメラを構えた中国の団体旅行(?)の方をイギリスでもよく見かけますね。

それにしてもTakaoさんも、ブログの為もあるとは言え、まめに写真を撮られるのには感心致します。私はもともと写真にはそんなに関心はないのですが、特に、街では知らない人がたまたまアングルに入ると、何か言われるのではないかと思って、外の景色を撮るのは大変苦手です。最近、BBCのニュース番組などでも、自分の孫娘の写真を撮っていたら、警察官からとがめられた、なんて、憤懣やるかたない方からの投書が紹介されていました。 

教え子の方からではなく、先生からメールをくださるなんて、親切ですね。Takaoさんが連絡を続けてきたからでしょうけれど。学問云々よりも、そういう長い人間関係を続けること自体が、人生の宝だと思います。 Yoshi

投稿: Yoshi | 2009年9月22日 (火) 23時41分

そうですね。
アジア人は写真好き。

昔の日本人のステレオタイプは首からカメラをぶら下げているものが多いですよね。

>街では知らない人がたまたまアングルに入ると、何か言われるのではないかと思って、

私も同じです。

だから、ちゃんと構えて撮らないことが多いです。

あと、後ろからとることが多いですね。

ご指摘の通り、子供を撮るのは本当に難しいです。

特に一人の時は・・・

となりに女性でもいれば「この人は女性に興味があるのだな・・・」ということでよいのですが、最近は子供に興味を持っている人もいるようですからね。

>先生からメールをくださるなんて、

前にもメールでお話した、枠取りについてです。

EXのことやら、途上国の現場への未練で、煮え切らない態度をとり続けているのですが、辛抱強く先生がメールを送ってくれています。

普通は私が頭を下げるところなのに、ありがたいことですね。

投稿: Takao→Yoshiさん | 2009年9月23日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソリテア・フェスティバル その2 | トップページ | 難しい選択 »