« ハワースへの道 その1 | トップページ | ハワースへの道 その3 »

2009年8月23日 (日)

ハワースへの道 その2



只今、23:48分。

今の気持ちを忘れないように記事を書き溜めています。

その3まで書いたところです。

明日、アップしようと思いましたが、長編になりそうなので、その2をアップしてから家に帰ります。




・・・ブロンス姉妹のお気に入りの場所の小川に向かいます。

Img_8191

遊歩道の入口は分かったものの、果たしてこれがその小川につながっているのか?

確信はありませんでした。

まず、入口付近に馬がいたのでエセ舌鼓で馬を呼び、首をかいてやりました。

Img_8196

すると何と、馬があまがみしてきて、それがかなり強烈で、

Img_8194

負傷!!!

でも、すごく人懐こいので、草をむしって与えます。

Img_8198

いつまでも私に着いてこようとしました・・・

馬はかわいいね!




さて、なんか今日の遊歩道は期待したものの、

Img_8203

すぐに公道になってしまいました。

Img_8204

公道を歩きます。

どうやら正しい方向に向かっているようです。

Img_8205

公道ですが、景色は美しく、それだけで満足!

途中、アイスクリーム屋があって、

Img_8208

お兄さんに小川(滝)の方向を聞いてみたものの、彼は今日が仕事の初日で、しかもハンガリー人とのこと。

アイスクリーム1.8ポンド也。(写真を撮るのは忘れました・・・)

Img_8209

でも、途中から一緒だったおばあちゃんとパキスタン系の女性?が丁寧に教えてくれました。

考えてみたら、イギリス人優しいよね。

Img_8210

ようするに、外国人にただ構わないだけ・・・

これは日本人も同じか・・・?なんて思いました。




途中、きれいな花が咲いていました。

Img_8215

良く見てみると花瓶にさしてあります。

事故があったのでしょうね。

南無阿弥陀仏・・・




さてさて、途中、沢山の紫色の花が咲いていました。

Img_8232

ラベンダー?

とか思いましたが、これがこの地域で有名な、

ヒース(Heath)

Img_8233

と言う花で、帰りの電車で分かったのですが、なんと8月下旬が一番きれいな時期なのだそうです。

これは本当にラッキーでした。





このあたりになると、

Img_8218

ヒツジさんだらけ・・・

Img_8228

アルプスの少女ハイジ(あれはヤギか・・・)状態です。

結構年配の人も歩いています。

Img_8221

Img_8227

当然、追い抜かしますが、結構、いろいろな人と挨拶を交わしました。

途中、廃墟があったり、

Img_8222 道も変化に富んでいるし、歩いていて飽きません。




・・・さて、小川に到着です。

Img_8235

地球の歩き方だと往復3時間半ということですが、

Img_8236

大体1時間未満?で着きました。

Img_8238

この橋は、1989年に洪水で流され、1990年に再び作られたようですね。

家族づれとかカップルが多かったですね。

ちなみにアジア人は私だけ・・・

Img_8242

余り関係ないけど、ゴミを捨てていくアホ!





・・・周りの人を見てみると、まだ、先を歩いている人がいます。

先にまだ何かあるようです。

Img_8248

何が先にあるのか?良く分からず、

Img_8252

一応、数百メートル先の丘の上まで上がってみます。

Img_8260

そして、セルフタイマーで記念撮影。





・・・それから下ります。

すると、なんか年配の人まで上に上がっていきます。

もう一度、下の道しるべに戻って調べてみると、

頂上まで1マイル未満

とのこと。

どういう訳か?

力がみなぎっていた私は、頂上へ向かうことを決めたのでした・・・



その3につづく・・・



↓クリック協力お願いします!






プチプチがあるぞ・・・



2009/08/07/new_image8.jpg









<追記>

・ 14.3名さま/日のクリック協力、感謝致します!

|

« ハワースへの道 その1 | トップページ | ハワースへの道 その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハワースへの道 その1 | トップページ | ハワースへの道 その3 »