« 思い込み | トップページ | あの話って・・・ »

2009年7月10日 (金)

ある木曜日のこと




今朝は曇りと晴れ。

特に何もないかなぁ・・・と思って地面を見たらサクランボが転がっていました。Img_6928

そして上を見上げたらサクランボ。

昔、健康学部の図書館で一人寂しく勉強をしていた頃、校舎の前に生っていたサクランボをつまんだことを思い出しました。

ところで、日本の桜ってサクランボはできないのでしょうか?



昨日はKさんと中華ブッフェに行きました。Img_6915

食べてる途中、時々、中国人のウェイトレスが来るのですが、

「彼女、ちらちらTAKAOさんのことみているよ」

とKさん・・・本当ですか?

さてさて、最近偶然見つけた、ブラッドフォード大卒の瀬谷ルミ子さんの話になった。Photo01

Photo02 現在、日本紛争予防センターの事務局長で、何と彼女はNHKの仕事の流儀や今月のニューズウィークの世界が尊敬する日本人100人にも登場された方。

率直な感想は・・・ジェラシーですね。

でも、銃を突きつけられながらも武装解除を紛争地帯で行うのは、私には無理。

そういう意味ではやはりすごい!






その後は・・・、近くのメディアミュージアムで、インターネットに関する展示(案)についてのミーティング。Img_6919

おもにインターネット上の倫理についてだったのですが、まぁまぁいいたい事は伝えられたかな?

で、帰りにコーヒーをおごってもらって、一服して帰りました。 Img_6921

お土産売場に売っていたサンダーバードのフィギア。

Img_6923

子供の頃を思い出しますね。

サンダーバードはイギリス生まれだったのですねぇ・・・。




そんな感じで、あまり大したことをしなくて、家に戻り、簡単な食事を取って合気道へ。

参加者はなんと74歳のブライアンと私だけでした。

ブライアンは職業訓練校で溶接を教えていた関係で、手の力が恐ろしく強いので、ぎゅっと握られたところから、技を掛ける方法を復習しました。

彼は年の関係もあるのだろうけど、比較的誰に対しても平等な人。

戦後は日本の呉にいました。

稽古が終わったのは10時。Img_6924

やっぱり、日が短くなってきていますね。Img_6926

なんとなく寂しい感じ・・・




さてさて、Img_6914

愛を読むひとについての解説ですが、ネタバレになるので個別にコメント欄で行いたいと思います。

映画のデリートシーンを含め、いろいろ調べた結果、作品が良く分かってきました。

ハイ。それでは楽しい週末を!!!



ボタンがあるぞ・・・








Thumb_2 Dqmbsraim人気ブログランキングへDqmbobakekinoko










<追記>

・愛を読むひとのハナがなぜチェーホフの犬を連れた奥さん が好きだったのか分かった気がした。

・この世の中にはボランティア精神にあふれた方がいて、こちらえぷろんさんのブログ で朗読を聴くことができます。

・チェーホフってどこかで聞いたことあるな・・・と思ったら、ガーナ時代に近所の専門家の奥さんから、

ごきげんよう。何より快活でいらしゃいますように。
人生をあまり難しく考えてはいけません。
おそらく本当はもっと簡単なものでありましょうから・・・

というチェーホフがかつての恋人に送ったという言葉を送られたことがあったのを思い出した。

・EXに会いたくてガーナからアイルランドへ飛んだものの会わないで帰ってきた後の話。

・もう6年位も前の話・・・

・14.7名さま/日のクリック協力。感謝いたします!!!

 

|

« 思い込み | トップページ | あの話って・・・ »

コメント

 はじめまして、えぷろんと申します。
昨夜はご訪問いただきご丁寧なご挨拶をありがとうございました。
趣味で朗読を楽しんでおりますが、このよううにご紹介いただき、感謝しております。

 少しでもお役にたてたとすれば、ボランティアさんですね。(嬉笑)

本日、こちらのサイトを紹介させていただきました。新潮文庫より「朗読者」の一部を録音してみました。
よろしければ、お時間の許すときにお立ち寄りくださいませ。

 あらためて、ありがとうございました。
 

投稿: えぷろん | 2009年7月11日 (土) 15時28分

いや・・・感激です!

有名人からコメントをいただいたような・・・

>少しでもお役にたてたとすれば、ボランティアさんですね。(嬉笑)

どのようにご紹介しようか?考えたのですが、結局、あのような形となりました。

私はどちらかと言えば、あまり本を読まないほうですが、えぷろんさんのおかげで、原作の世界を知ることが出来ました。

何の見返りも求めない無償の活動

っていう感じで、すごいなぁ・・・と思いました。

また、フットワークが軽いこと!

早速、サイトを検索して、立ち読み版をアップロードしてくださるとは・・・

立ち読みサイトを見て、
「自分でも読んでみようかな?」
と言う気分になりました。

そういうきっかけを作ってくださったことに感謝です。

一方的にえぷろんさんの恩恵にあずかるのは申し訳ないのですが、少しずつダウンロードして名作を味あわさせていただきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

投稿: Takao→えぷろんさん | 2009年7月11日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い込み | トップページ | あの話って・・・ »