« プレイグラウンドを作ったこと | トップページ | 買物と弁当とコーヒー »

2009年1月28日 (水)

コンクリートの壁


そういえば金曜日、このSPSSマニュアルの著者で中部大学の小塩先生に

先生のご著書とWEBにお世話になっております

とメールを出した。


この本と大学HPにある教材には本当に助けられた。Img_2687

この先生は私より2歳若いのに准教授で、こういったマニュアル本や専門書を7冊も出しているすごい先生です。

先週まで先生のサイトにはつなぎっぱなし状態だったので、お礼をしておこうと思ったのでした。

すると早速、土曜の朝、返信メールが届きました。

なんか著名人からのメールはなかなか嬉しいですね。

ちなみに耳栓は集中力を高めるための必需品。



ところで昨日の話の続き。Img_2683

これは何かというと・・・Img_2684

大学の校舎の壁なのでした。

コンクリートをたくさん練った私としては、

砂利が多すぎるんじゃないの・・・?

と思いました。Img_2682_2

これはアートなのでしょうかね。

で、コンクリートを作るための川砂、セメント、砂利の配合比率を調べてみました。(ジョイフル本田より勝手に拝借)

まずはモルタル。Morutaru03

モルタルは川砂とセメントですけど、配合比率はこんな感じです。

これを見てはじめて気がついたのですけど、砂の間に全てのセメントが入ってしまうということなのですね。

で、次はコンクリート。Concrete01w280

これも全く同様でした。

つまり砂利の間に全てのモルタルが入ってしまうという感じです。

よって、砂利の間にちゃんとモルタルが詰まっていればコンクリートとしてOKということなんですね。

知りませんでした。

というわけで、この壁の配合比率は正しいようです。

だって、ちゃんと砂利の間にモルタルが入っていますからね。




ちなみにセメントはアルカリ性なので、

あれ・・・指の皮がむけるなぁ・・・

なんて指をこすっていると指紋がなくなってしまいます。

懐かしいなぁ・・・


スーパーの惣菜部門でバイトしていたときは、洗剤で指がボロボロになったけ?


まぁ、そんな感じです。

ご協力ありがとうございます。

久々に高順位を満喫させていただいております↓


A_ilst037_2

現在5.1名さま/日がクリックしています
 2007/08/14/1_4.gif 

|

« プレイグラウンドを作ったこと | トップページ | 買物と弁当とコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイグラウンドを作ったこと | トップページ | 買物と弁当とコーヒー »