« お土産 | トップページ | 不可逆性 »

2008年4月 6日 (日)

チベットを救え!!!

2007/08/14/1_4.gif いらっしゃいませ!


今日はリーズ大学に行ったので、そのことについて書こうと思っていた。

ただ、今、Youtubeを見て、それどころではないと思った。

中国で起こっているチベット暴動について、ついに日本でも天台宗の僧侶が声をあげた。

中国政府が暴動を仕掛けたとか。

中国政府が人民解放軍に僧侶の格好をさせて、破壊行動を画像に収めたとか、いろいろ情報が流れている。

真偽のほどは確かめられないけど、1950年から中国がチベットを侵略し続けていることは事実だ。

現在まで、残虐なことがチベット内で起きたらしいが、国際社会はチベットを見殺しにしてきた。

国際社会やアメリカはクウェート侵攻に介入し、ソマリアにも介入し、イラクにも介入し、アフガニスタンにも介入した。

なのに中国ともめたくなかったからか?チベットには資源がないからか?
国際社会はチベットを見殺しにした。

ネットユーザーとしてできることは、このビデオクリップの再生回数を上げて、多くの人に見てもらうことだ。

私たちに何が出来るかわからないが、世論は国や世界を動かす。

とにかく、何回もこのビデオを見よう!


チベットを救え!!!



A_ilst037_2

あなたのクリックが私を救う! 
    2007/08/14/1_4.gif 

|

« お土産 | トップページ | 不可逆性 »

コメント

はじめまして。
いつも楽しくブログを見ています!


今回はこのビデオクリップを見て、平和の道を志すものとしてコメントさせていただきます。


なぜ人は他者を尊重することができないのでしょう?


国柄、宗教などによって考えは様々ですし、個人(若しくは一つのグループ)でそれを批判・弾圧するのは、個人的に好みません。


お互いに認め合い、分かち合えば世界はとても平和になるのでしょうが・・・。

難しいですね。


私にいまできることは、このビデオの再生回数をできるだけ多くすることです!!

投稿: Konomi | 2008年4月 6日 (日) 08時45分

Konomiさん

はじめまして!

いつもは、その日に起きた出来事を忘れないように、ダラダラと日記風にブログを書いていますが、昨日はそうは行きませんでした。

このビデオは現在3位につけています。
英訳をつけてくれた人もいます。

ネットユーザーの中にもすばらしい人がいます。

さて、

>なぜ人は他者を尊重することができないのでしょう?

私は平和学の専門でないので、よく分からないですが、中華思想や自分の種を保存し反映させようという心の働きが、このような悲劇を起こしているのだと思います。

>国柄、宗教などによって考えは様々ですし、

私は異文化マネージメントについてちょっと勉強していますが、考え方や行動様式は違っても、喜怒哀楽は世界共通、皆同じなんです。

人が死ねば悲しいし、叩かれれば痛いんです。

残念ながら人間は時々、それを忘れてしまうんですね。

私だって、海外で仕事をしていて現地の人にひどいこと言ってしまったなぁ・・・ということがあります。

>お互いに認め合い、分かち合えば世界はとても平和になるのでしょうが・・・。

本当は、その状態が肩の力が抜けて、リラックスしていて一番楽な状態なんだと思います。

でも、なかなかうまくいかないのですよね。

だから、時に、人はこうやって状態を修正する行動が必要となるのでしょう。


チベット問題はまだ解決されていません。

日本のメディアは過去のことのように扱うかもしれませんが、クリックしてもっともっと世論に訴えていきましょう!

投稿: Takao | 2008年4月 6日 (日) 15時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139479/40782323

この記事へのトラックバック一覧です: チベットを救え!!!:

« お土産 | トップページ | 不可逆性 »