« ナイトクラブに行く! | トップページ | 何か起こるかなぁ・・・ »

2008年2月18日 (月)

ロイヤルメールと戦うべきか?

2007/08/14/1_4.gif いらっしゃいませ!


花束が届いてから5日目。

つぼみがだんだん開いてきました。Sany0389


・・・さて、今日、ちょっとした問題があって旅行会社に電話をかけなくてはならなかったんですよ。

いまだに、知らない人と電話というのは苦手ですね。

いまいち、ヒヤリングに自身がありません。

でもね。

今日、2回かけたんですけど、1回目の女性も、2回目の男性も言っていることが良くわかる。

ヒヤリングに自信がないというのは、時々、全く分からない英語に遭遇するから・・・

先週、金曜日にネパール人の友達が言っていた意味がはっきりと分かった。

英語って言っても、ヨークシャーアクセントだからねぇ・・・

そう、きっと分からない英語に遭遇している時は、この地方の訛りのために分からないのだろう。

すると少し勇気が出てきた。



・・・読者の皆さんに連絡していませんでしたが、12月10日、日本から書留で投函された100ポンド入りの父からのクリスマスカード。

まだ、届いていませんし、もう、届かないでしょう。

最近はっきりしたことは、ロイヤルメールは

Signature required Royal mail

というステッカーを自分で貼っていながら、サインを受領者から取らないのです。

この前、配達員に聞いてみたが、

わからないなぁ・・・

だって。



きっと、海外からの書留郵便のサインをもらうという業務が、裏マニュアルなどによって、削除されているのだろう。

これは、誰かがロイヤルメールに抗議をしなくてはならない。

しかし、ロイヤルメールはどういうわけか、メールでの問い合わせは受け付けていない。

電話のみ。

ちなみに、先日、郵便サービス監視団体に、この件の調査をオンラインで依頼したが返事なし。

というわけで、残された手段は電話での問い合わせのみ。

配達局に行ってもいいが、彼らは、

分からない

の一点張りで埒が明かないだろう。

もっとも電話かけでも、ロイヤルメールがこの件を扱うかは分からないけど・・・

どうしようかな?

電話かけてもエネルギーを消耗して、嫌な気分になるだけかもしれないし・・・


A_ilst037_2

あなたのクリックが私を救う! 
    2007/08/14/1_4.gif 

|

« ナイトクラブに行く! | トップページ | 何か起こるかなぁ・・・ »

コメント

まだ届いていなかったんですね。
お金を入れたのはやっぱりまずかったのでしょうね。
特にクリスマス時期、お金が入っていそうな手紙は猫ババするケースも多いとか。
主人がドイツにに住んでいた時、気をつけろって言われたそうです。
海外では書き留めも信用できないってことでしょうか?

投稿: cherry | 2008年2月18日 (月) 12時54分

cherryさん

書留を書留として扱わない。
何の記録も残していない(バーコードをスキャンしない)ため、書留が余計に狙われてのでしょうね。

書留郵便って、「大事なものが中に入っています!」って言っているようなものですからね。

普通郵便だったらついていたのではないかと思います。

それにしても、ロイヤルメール一体何を考えているのか?

投稿: Takao | 2008年2月18日 (月) 21時13分

はじめてコメントさせていただきます。
僕は現在、日本の大学の法学部1学年に在籍しています。

将来、途上国での開発支援に携わりたいと思っています。
最終的にはUNHCRやUNDPにApplyすることも視野に入れつつ、現段階ではNGOで働くことを考えています。

学部卒業後、イギリスの大学院に留学し、Development studies,または法律分野で修士号を取得したいと考えています。

そこで、こちらのブログに出会いました。
これから頻繁にチェックさせていただきます。

僕としては、Takaoさんが在籍されている博士課程で学ばれている内容に非常に興味があります。
もしよろしければ、今後そのようなエントリーを書いていただけたらな、と密かに期待しております。

それでは失礼します。

投稿: gento | 2008年2月18日 (月) 22時31分

Gento さん

コメントありがとうございます。
時々、本当に時々ですけど、途上国にいたときの話や研究の話を書きます。

ただ、気分的に日々感じることを書きたい、今直面している生活上の問題を知ってもらいたい、留学生活の一コマを知ってもらいたい、という思いのほうが強いため、ご指摘される内容については、あまり書くことはないのではないかと思います。

gentoさんが勉強されて、日々感じることがありましたら、是非メールを送ってください。それに関して、出来る限りのことを書きたいと思います。

また、特にこれについて記事を書いてもらいたいということでしたら、単発でリクエストに応じた記事も書いてみたいと思います。


投稿: Takao | 2008年2月19日 (火) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルメールと戦うべきか?:

« ナイトクラブに行く! | トップページ | 何か起こるかなぁ・・・ »