« 大晦日の夜 その1 | トップページ | 部屋の運気を変える »

2008年1月 2日 (水)

大晦日の夜 その2

2007/08/14/1_4.gif 明けましておめでとうございます!



・・・続きです。

夜10時を回り、私は迷っていた。

結論は、

まぁ、年に何度も行くわけではないし、ナイトクラブに行くくらいいいでしょう?

ということ。



実際、今年は一回大学に踊りに行っただけ。

そう決めたら、後は早い。

服着て、ウエストバックにデジカメ、携帯、財布入れて出発。

行く先は、Hip Hop やダンスホールミュージックを流してくれるRevolutionというお店。




家からは大体10分。

ナイトクラブ街は若者であふれています。Sany0448

イギリスの子って、タクシー乗って薄着でやってくるんですよね。

こんな感じ。



私もRevolutionに並びます (円柱状の建物がそれ)。
Sany0449

昔、最後に行った時、入場料は3ポンドでした。

今回は7ポンドのようです。

Revolutionは特に行列です。

他の地域はよく知りませんが、ブラッドフォードのナイトクラブには一つだけ決まりがあります。




靴は革靴であること。

運動靴では入場できません。

帽子はおそらくダメだろうし、ショーツもダメかもしれません。



ガーナ時代は、Tシャツダメ、襟付きのみという、ふざけたお店もありました。

そんなにお店の中は、高級でもないんですよ。

でも、ガーナの場合は、顔なじみになれば、なんでもありですけどね。


さて、私は、Revolutionの入場口で引っかかってしまいました。

理由:お前の格好はラフすぎる。ウエストバックもダメ

アフロ系のBouncer(警備員)でした。
Sany0472

偉そうに・・・こういうときしかお前はえばれないんだろ!

私の写真はその場では撮れないので、家に帰った後、三脚つけてとりましたが、こんな格好。(目が宇宙人ですけど・・・)

Sany0491

靴はHush Puppies もちろん革靴です。

ズボンは 弟のくれたエビス
Sany0492

Tシャツはガーナで唯一のデザイナーズブランド MKOGH

Tシャツで冬の街を歩くほど私も馬鹿ではないので、これプラス弟のくれたオレンジ色のコロンビア製のウインドブレーカーを着ていました。

そして、店に入ったとき、帽子とウインドブレーカーをしまうスペースのある大き目のグレゴリーのウエストバック。


ウエストバックってダメなんですか?

そんなの初めて聞いたよ!

もう一度いう。

偉そうに・・・

需要と供給のバランスが崩れると、時に店側は偉そうな態度を見せる。




仕方ない。

家に戻って着替えるということも出来るが、時間は11:30分

カウントダウンに間に合わない。

30分待って、外でカウントダウンの様子を見て、家に帰るか?

しかし、そんなの寂しい。




もう一つ、前から気になっていたお店Varsityの前を取る。

帽子とウインドブレーカを取って、入り口の店員に

入れる?

って聞くと、今度は簡単簡単。

5ポンドね!

それだけ。



初めて入ったけど、まぁ悪くはありませんね。ともあれありがたい!

音楽もまぁ、合っています。

まず、ギネスビールを頼む。

なんと3ポンド以上。(詳細は忘れた)

クラス片手に踊ります。





このお店で目立っていたのは、工事現場の作業員の格好をした女の子二人組。
Sany0453

よく見えませんが、水着みたいのを着たバニーガールみたいなお姉さん(中央)もいました。Sany0458

11:58分 (情報源:私の電波腕時計)

ちょっと早めにカウントダウン。




Happy New Year!!!

イギリスでも蛍の光が流れるんですね。

ハグする人、キスするカップル。

私はただ、そんな周りの光景を撮影。


まぁ、いいです。

私の目的は、カウントダウンとダンスですから。

途中、ダンスをする恥ずかしさを除去するためにテキーラを注文Sany0463

1.5ポンド也。

これで、羞恥心のリミッターが外れます。





こうなると私のダンスは、すごいです (と自画自賛)Sany0465

速いテンポは苦手なので、そういう時は表か裏のリズムを一つ飛ばして踊ります。

Hip Hop、ラップは踊りやすいです。

昔、DVDとか見て研究したことも合ったけど、12345678なんてカウントしながら、型にはまったステップを踊るより、

我流でもリズムに任せて踊ったほうが楽しいです。

私のダンスがすごいという根拠は、アフリカンに踊りがうまい!といよくいわれること。

ネパールで、必死に私のダンスを真似しようとしている、ネパール人を見たことがあること。

そして、やはり一番の根拠は、視線ですね。(やはり自画自賛)




という私も、ボツワナに行った当初は、へんてこダンスを踊っていました。

まぁ、大切なのは膝でリズムが刻めることですよね。

それさえあっていれば、大丈夫です。




さて、今度は喉が渇いたので、レッドブル(栄養ドリンク)とウォッカ2ショット。

4ポンドちょっと?

後はエンジン全開で踊ります。




残念なのは、この店1時閉店だったてことです。

閉店間際になると、人はドンドン減っていきました。Sany0470

みな帰ってしまったのかな?

外に出ると、閉店し始める店。Sany0476

まだ、行列の出来ている店。


おまわりさんも大変です。Sany0479

等々ありますが、私はスケベ心を出さずに帰ることにしました。




途中、いつもケバブを買うお店によって、チーズバーガーを頼みます。

イギリスにはラーメン屋さんがないので、酔っ払いは、ピザとかハンバーガーを食べるのです。

酔っていたので、勢いで写真に取ることが出来ましたが、この彼、キアヌ・リーブスに似ていると思います。Sany0484

優しい顔の好青年です。

といっても、子持ちですけどね。

名前はHeydenといいます。




・・・というわけで、家に帰り、チーズバーガーを食べて就寝です。Sany0490

欲を言えば、ナイトクラブは4時くらいまで開いて欲しかったですね。

ちょっと踊り足りなかったです。




・・・そして、今日、1月1日。

10時ごろに起床。

1月1日は休日だというのに、大家さんの申し訳なさそうに家賃の集金。

今年は、家にこもらないように、大学のアトリウムでブログを更新することにしました。

あたらしいPCはA4サイズで、2kg未満なので苦になりません。

昨晩は雨が降ったようですね。Sany0493

大学前のセインズベリーは元旦から営業のようです。

そして、大学のアトリウムには、元旦というのに勉強している学生の姿。Sany0496

君たち偉い!

という私も、今年は心を入れ替えて、がんばりたいと思います。

追伸:大学のワイヤレスインターネットはダウン。仕方なく家でアップロード。イギリスのインターネットインフラは本当に弱い・・・






A_ilst037_2

あなたのクリックが私を救う! 
    2007/08/14/1_4.gif 

|

« 大晦日の夜 その1 | トップページ | 部屋の運気を変える »

コメント

新年好!本年もよろしくお願いいたします。

イギリスのクラブっておもしろそうですね。
クラブは高校のテスト打ち上げパーティで行ったきり行ったことがありません。恥ずかしながら...
いつも“ぶっかけ飯”ばかり食べているので、たまには友人と高級ホテルのラウンジに飲茶をしに行くと、ラフな服装では入れません!と断られました...これでもファッションだ!

シンガポールの学校は1月2日から始まります。しかし、学校により変則のようです。
私のホストファミリー姉妹も妹さんは元旦も正月も学校でしたよ。

愛沙の「実践現代中国語単語集」!
激安ブランド商品企画!イーストコースト海鮮情報!
こちらにもお越しください。

投稿: 中国語アドバイザー愛沙 | 2008年1月 2日 (水) 11時29分

愛沙さん

私の場合、始めて踊りに言ったのは、27歳の時でした。

ボツワナの村のバーでした。

それから、日本、ガーナ、ネパール、イギリスと渡り歩きました。

なかなかお国柄があって面白いですね。

投稿: Takao | 2008年1月 3日 (木) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の夜 その2:

« 大晦日の夜 その1 | トップページ | 部屋の運気を変える »