« クリスマスの夜 | トップページ | リーズへの買い物 »

2007年12月29日 (土)

ハツカネズミ

2007/08/14/1_4.gif ご無沙汰しておりました・・・


今日はリーズへ日本食の買い物に行こうと思っていた。

しかし、昨日から強風時々雨という天候で、体調が完全でない私はリーズへの買い物を中止した。

Sany0025



リーズへは電車で大体30分くらい。

ただ、駅から少し歩くので、倦怠感と関節痛があるのでやめたほうがいいかなぁ・・・と。


19日にパーティーが終わってから、ゲームにはまり、それから、風邪をひいいた。

PCが壊れ、新しいPCを購入し、クリスマスイブ、クリスマスを過ごし、今に至る。

その間、図書館に行き、ブログランキングのクリックをするものの、ほとんど勉強をしていない。

こんな博士課程の学生いるのだろうか?


まぁ、新しいPCへのデータの引越しやセットアップも大体すんだので、体調が回復すれば、あとは部屋を掃除して勉強だ。

ちなみに、まだ体が甘いものを欲するので、今日も図書館からの帰り、トライフルとムース、チーズケーキを買った。


Sany0028


・・・それにしても、今考えてみたら、とてもよいタイミングにPCが壊れ、体調が崩れたような気がする。

これが、課題提出前だったら、とんでもないことになっただろう。

ちょうど一段落して、時間があるときに、この2つのハプニングが起きたのは不幸中の幸い。

PCも自分の役目を終える日を選んでいたに違いない。

ありがたいし、本当によくがんばったと思う。


日本、ガーナ、ネパール、バングラデシュ、イギリスを5年近く一緒に渡り歩いたのだから。

AC電源を認識しなくなり、バッテリーだけで駆動して、データの引越しの役目を果たした。
Sany0371

最後にシャットダウンするとき、そしても、もう二度とスタートできないとわかった時、両手をPCの上に乗っけて、

どうもありがとうね

といった。


・・・たくさんの出来事がある日よりも、何もない日のほうが、心の内側のほうに関心が集まって、ブログには良いような気もする。

何もないから、今まで書かなかったハツカネズミの話を・・・



ネズミがいるということはわかっていた。

台所でゴミ袋をガサガサする音がする。

でも、殺鼠剤は3ポンド以上するので、そのまま放置していた。

すると、先月末くらいから、ハツカネズミが部屋にまで出没するようになった。

台所から、サッと、部屋にやってくる。

そして、サッと、台所に戻る。




最初はびっくりしたのだがだんだん慣れてきた。

というかハツカネズミというのは本当にかわいいのですよ。

危険でないことを学習したハツカネズミは、夜だけでなく日中も出没するようになった。

2匹でくることもある。




大人はどういうわけか窓際に向かって走り。

子供は逆方法の壁際を走り、ドアにある小さな穴の中に消えていく。

最近では、出没すると説教してしまったりする。

ほら、早く戻りなさい!

なんていってね。

といっても、戻るはずはないのだけど。




不思議なのは、このハツカネズミの家族。

糞はするのだけど、台所のものを食べている形跡がないのですよ。

ジャガイモも、石鹸もかじらない。




もしかしたら、先祖の霊が、私に合いに来ているのではないか?

とか、思ってみたりした。

宮沢賢治のセロ引きのゴーシュじゃないけど、

一人暮らしの私を励ましに来ているんじゃないか?

とも思ってみたりした。




隣にインド人に聞いてみると、どうやら彼のところにもネズミは来るらしい。

ということで、この先祖の霊説は否定された。

ヒンドゥー教では、ネズミも神様だから、インド人の彼は、あまり気にしないらしい。

私もクマネズミだったら気にするけど、ハツカネズミだったらいいかなぁ・・・なんて。





実を言うと、今月18日、殺鼠剤を購入していたのです。

クリスマス商戦で、売れないものをスーパーではどかしていたので、雑貨屋で5ポンドもしました。Sany0301

ただ、よく見るピンク色のペレットではなく、穀類に毒を塗りつけたもの。Sany0302

これなら効くかなぁ・・・なんて思っていたけど、ほとんど食べない。



ハツカネズミは、本当はベタベタのシートがいいみたいです。

また、毒だと目の見えないところで死んで、腐って臭ったりするからね。



それが、昨日、見てみると、ボリボリ食べているんです。

なんか、ネズミとの生活にも慣れてしまったので、いなくなるのはちょっと寂しいきもしますねぇ。

まぁ、駆除はそんなに簡単じゃないから、これからも時々、出てくるかもしれないけど。



大英帝国で南京虫にハツカネズミとの生活を経験するとは思いませんでした。

だた、うれしいことにゴキブリはまだ一回も見ていません。

というわけで今日はこの辺で・・・・


A_ilst037_2

あなたのクリックが私を救う! 
    2007/08/14/1_4.gif 

|

« クリスマスの夜 | トップページ | リーズへの買い物 »

コメント

年の瀬ですね。早いものです。
Takaoさんにとっては海外での年越しはもう慣れたものなのでしょうか。
 華やかな年末、年始を1人で暮らすのは少し寂しそうですね。
 でも、PC復旧は時間がかかるし、大変だから余計なことは考えないですむだろうね。
 また時間があったらお話しましょう。
 

投稿: トノ | 2007年12月30日 (日) 04時04分

トノさんどうも!

PCは大体OKです。

PCと体調不良のため、部屋がグチャグチャなので、まずは部屋の掃除ですね。

31日はナイトクラブに踊りに行って、カウントダウンしてこようかなぁ・・・って思っています。

不思議とあまり寂しい感じはしないんですよ。

留学生が多い街だからかもしれません。

そうですね。いつもログオンしているので、都合のよいときは話しかけてくださいね。


投稿: Takao | 2007年12月30日 (日) 11時25分

こんちゃ^^

ネズミさんで検索してて辿りつきましたw

あれはうちにもよく出てくるけど、ジッと観察してるとめちゃ可愛いよね!

うちのも、台所の物を齧るとかほとんどなく、たまに畳とかをガリガリやってる程度ですw

噛む力も弱く、食べる量もしれてて、おソバの1センチほどの切れ端をやったら、それ一切れ食べるのに数分かかってますww

あんまり可愛いいし、大したわるさもしないので、殺すのは可哀相だし、捕まえて外に放してやってたけど、あれは縄張りがあって、すでにネズミが居れば別のはあまりやってこないけど、居なくなってしばらくするとまた別のが安心してやってくるようです。

外へ放してやっても、イタチやネコ、カラスなんかにどうせすぐ襲われてしまうだろうし、あんまり可愛いので、ついに飼いはじめましたw

個体によって、すぐ懐くのや、いつまで経っても懐かないのやいろいろですが、仕草を眺めてるだけですごく癒されます。

一日一回、風呂場で遊ばせてやってて、その時は身体によじ登ってきたりして、くすぐったいけど、なんか気持ちいいw

ウンチは気にならないけど、小便は濃いせいか、ちょっと臭いがキツいけど、可愛さで許せる・・・

もちろん一緒に遊んだあとは、手洗い等念入りにしてるけど、ハツカネズミは際立った悪さをするわけでもなく、ただ固定観念から駆除する人が多いけど、ちょっと見方を変えてみれば仲良くやっていけるんじゃないかという気がします。

(なお、飼う場合は必ずオスとメスは別のケースに入れないと、子供増えて大変w)

投稿: 反べぇ | 2009年10月10日 (土) 20時06分

反べぇさんようこそ!

この記事以外にもハツカネズミの記事はあるのですが、どう検索すればよいのやら・・・

この記事は見つかりました。

http://takaobradford.air-nifty.com/life_in_bradford/2009/08/post-7282.html

捕まえたときに、まじまじと見ますけど、かわいらしいですよね。

ただ、私は飼う訳にはいかないので、恐怖感を味わって逃げてもらいたい・・・というのが本音です。

今はベタベタシートを使って対応していますが、キーキー泣かれるとこっちも切ないですからね。

投稿: Takao→反べぇさん | 2009年10月10日 (土) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハツカネズミ:

» 5000円引き! 日経225先物ロジック公開型トレードシステム【AVG500】 [FX必殺]
日経225先物ロジック公開型トレードシステム【AVG500】日経225先物ロジック公開型トレードシステム【AVG500】 style="font-size:large;"gt;定価40000円⇒35000円5000円のキャッシュバック!※キャシュバック対象 : 購入者全員■商品情報(評価レビュー)しっかりとしたルールを持たずにマーケットに参入すれば、欲と恐怖に振り回され、マーケットの餌食となることは、過去多くの投資家によって実証されて来ました。これまで日経225先物システムトレー... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 08時07分

» チーズケーキの種類 [,ハツカネズミ]
チーズケーキの種類の情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 12時23分

« クリスマスの夜 | トップページ | リーズへの買い物 »