« 「落し物」戻ってくる! | トップページ | トンデモ先生の思い出 »

2007年11月 9日 (金)

知能指数

2007/08/14/1_4.gif ご無沙汰しておりました・・・


 
今、合気道から帰ってきました。
 
特に書くこともないので、昔話を・・・
 
 
先月の命名式 の際、イギリス人から
 
ナカムラって言うのは、日本でポピュラーな名前なの?
 
と聞かれた。
 
おそらく、セルティックスの中村俊輔選手や、世界中で注目されているドラマHEROESのヒロ・ナカムラの影響なのだろう。
6a00cdf3ac16b3cb8f00e398a2720f000_2
ちなみにこのドラマのヒロ・ナカムラを演じるマシ・オカさん。
Heroes_masioka
知能指数が189であったため、アメリカに移住し、英才教育を受けたそうだ。
248pxe79fa5e883bd
知能指数といえば、私にも思い出がある。
 
たしか、小学校の1年生か2年生。おそらく2年生だったと思う。
 
知能テストがあった。
 
 
テストの前、トイレに行くと見たことがない先生がいるので、「こんにちは!」とあいさつをした。
 
すると、この先生も笑顔であいさつをしてくれた。
 
他の先生と変わっていたのは、首からストップウォッチをかけていたこと。
 
 
そして、休み時間が終わり教室に戻ると、そのストップウォッチ先生がいた。
 
 
この先生が、知能テストの試験官だったのだ。
 
おそらく、どこかの大学の先生なんだと思う。
 
トイレで笑顔で返事をしてくれた先生に、私は親しみを感じたんですね。
 
 
テスト前、説明のため三角形の紙を黒板に貼り付けて、
 
この形はなんといいますか?
 
と先生が聞きました。
 
教室のみんながいっせいに手を挙げるのですが、先生も私に気がついたのか?どういうわけか私が指されました。
 
三角形です
 
と私。
 
 
そうですね。
 
と先生。
 
 
しかーし!
 
ニコニコしている私の後ろで、
 
ちぇっ!二等辺三角形って言ってやろうと思ったのに・・・
 
という子がいる。
 
 
 
この彼は、後で転校してしまったが、いわゆる天才児で、その後、開成中、開成高と進学。
 
最近、インターネットでサーチしてみると、やはり、まだ、天才街道を歩んでいた。
 
東大法学部を卒業し、日本最大の弁護士事務所で弁護士(パートナー)をしていることがわかった。
 
彼は本物の天才だったんですね。
 
 
 
・・・話は戻るが、どうやらこの時の知能テストの結果が良かったみたいなんですね。
 
いや・・・ 母によると担任の先生は
 
知能指数は悪くない・・・
 
と、確か言ったらしいから、アホだと思われていたけど、正常だったということなのかもしれない。
 
ともあれ、そのうち書くけど、この1・2年生の時の先生は、今考えてみるとベテランだったけどトンデモ先生だった。
 
この先生にとって、私はいわゆるバカな児童だったんでしょうね。
 
 
ただその後、3年生になって担任の先生が変わってから、そこそこ目立つ児童になったんですね。
 
学級委員をするようになり、児童会長をするようになり・・・
 
 
私が何をいいたいのかというと、人間の能力って、まわりの人間のアプローチの仕方によって、ずいぶん左右されるってこと。
 
これは、成長して大人になってもいえることだと思うんですよ。
 
 
今やっている研究は、まさにそういう研究でなんですけど、知らず知らずのうちに、この研究分野を選んでしまったというのは、もしかしたら私のこのような生い立ちが影響しているのかもしれません。
 
ともあれ、親も先生も会社の上司も、子供や部下を信じてたくさんほめてあげて下さい。
 
きっと、プラスの成果を出してくれると思います。
 
そうすれば、もっともっと世の中は良くなると思う・・・
 
違うかな???
 
 

A_ilst037_2

あなたのクリックが私を救う! 
    2007/08/14/1_4.gif 

|

« 「落し物」戻ってくる! | トップページ | トンデモ先生の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知能指数:

« 「落し物」戻ってくる! | トップページ | トンデモ先生の思い出 »