« バスマティ米 | トップページ | ガモン »

2007年7月 1日 (日)

犯人の正体

お陰さまで10位ランクイン!ブログランキングへ!

今日の朝、掃除をしていると、ベッドシーツの上に小さな物体を発見した。

手で取り除こうとすると、中からが!

Sany1193 約1ミリ。

左側の破線がおそらく私の血液。

すでに、このシーツには2ヶ所このような血液がついていたのだが、私は自分の傷口からだと思っていた。

この物体を接写!

Sany1202

ダニだ! 今まで、私を刺してきたのはツメダニだと思ってきたが、それにしては大きいし、ツメダニは血は吸わない。 よって、インターネットで調べてみると。 ネズミに寄生する

イエダニイエダニの説明

ということが分かった。

ここに引っ越してきたとき、悪臭ではないのだが、何か臭った。

そこで、もう一度、キッチンの下を懐中電灯照らして、見てみたらいました。

8センチ程のハツカネズミのミイラ。

Mouse_mummy

←グロテスクな画像を見たい人だけ拡大クリック

おそらく、このミイラからイエダニが発生したいたのだと思う。

ブラッドフォードはネズミが多くて、ブラッドフォードもネズミ駆除には力を入れている。
でも、やはり、住んでいる人が失礼だけど民度が低いんですよね。

どうしたらネズミが駆除できるのか?
あまり関心がないと思う。
東京で言うなら、カラスが来るのに平気で、ごみを出しちゃう人が多いって感じ。

ごみを道に捨てる人も多いので、市が定期的に掃除をしている。
これは、街の中だけでなく、住宅地の周りでも行われている。
市の作業員がビニール袋もって掃除してたり、軽自動車くらいの掃除車両もある。

要するに家の周りでさえ、掃除をしないわけである。
前のフラットの周りはパキスタン系移民の住宅街だったけど、家の前を掃除しているのなんて見たことなかった。

ともあれ、今のところ、部屋にネズミはいないようだ。
台所のジャガイモもかじられていないし。
ネズミの糞もない。

幸いイエダニは、殺虫剤が効きやすいらしいので、早速スプレー。

アフリカのガーナでもボツワナでも、また、アジアのネパールでもこのようなことがなかったのに、まさか、でこのようなことがあるとは思いませんでした。

(ちなみに、ガーナもボツワナも家の周りを掃除する習慣がありました。パキスタンはいったことありませんけど、インド、ネパールあたりは、道に物をポイポイ捨ててしまいますよね)

はやく、生活が落ち着かないかなぁ・・・

お陰さまで10位ランクイン!ブログランキングへ!

|

« バスマティ米 | トップページ | ガモン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139479/16039446

この記事へのトラックバック一覧です: 犯人の正体:

« バスマティ米 | トップページ | ガモン »