« ガモン | トップページ | ウィンブルドンテニス女子決勝 »

2007年7月 6日 (金)

イギリス政策金利5.75%!

今日は何位?ブログランキングへ!

最近、ロンドンとスコットランドでテロ未遂があったけど、結局、ポンドレートにほとんど影響を与えなかった。

結局、投資家が高い金利の通貨を求めて投資をしているかららしい。
金利の低い円を借りて、外貨を購入する技(円キャリートレード)もあるらしく、頭のいい人は結構儲けているのだろう。

さて、とうとう今日、イギリス銀行が政策金利を0.25%上げて5.75%にした。
これは過去6年で最高値らしい。
_42466002_boe1_jul07_203x186gr
しかしながら、付け加えておくが、留学生の作れる銀行口座の利子は、ゼロ、もしくはゼロに等しい。

インフレ対策らしいのだが、これによって変動レートでお金を借りている人は、大打撃を受けているということだ。

マスター時代にイギリス人に自己破産した友人がいたけど、彼曰く、イギリスでは自己破産者が増えているらしい。

この金利のために被害を受けているのは、留学生だけではなかったのね・・・。

この感じだと、当分の間、ポンド高はおさまりそうもありませんねぇ。

物価が上昇しているのは確かで、早めに物を買っておいてストックしておくのも支出を抑える手段かもしれない。

銀行にポンドを放置していても、利子は全くつかないのだから・・・。

今年の12月。
学費納入時には、少しでもレートが改善されているといいのだが・・・?

今日は何位?ブログランキングへ!

|

« ガモン | トップページ | ウィンブルドンテニス女子決勝 »

コメント

こんにちわ。以前、テレビのライセンスの件でコメントさせて頂きましたまるです。私のこっちの銀行はバークレーなんですが外国人専用のインターナショナルアカウントがあってそこだと5%弱の利子がついてしかも外人なので税金がさっぴかれないんです。セービングとカレントのアカウントで行き来自由だし。。なので為替差益損をなんとか利子でちょっとでも挽回してくれないかと思ってるんだけどほんと物価高には困ってます。ずーっと昔1995年頃の円高の頃は一時期1ポンド140円台だったと記憶してるのだけど、、ほんとなんでこんなにポンド強いの?

投稿: まる | 2007年7月 7日 (土) 01時55分

まるさん。いつもコメントありがとうございます。

一度、主要銀行のHPを調べたことがあるのですが、私の調べた限りでは、利子はゼロ、もしくは限りなくゼロに近かったです。

唯一、HSBCには、留学生用のアカウントがあって、利子がつくのですが、口座使用料が10ポンド弱かかったと記憶しています。

よろしかったら、バークレーのその口座名(正確な)を教えていただけませんか?興味があります。

私のタイ人の友人は、5年前に渡英して語学学校からマスター入りしましたが、彼女は利子付のバークレーの口座を持っていました。これは、バイトで定期的な収入があったからか?、当時の審査が甘かったからか?は分かりません。

私の使っているロイズでも、毎月入金できる人は、アップグレードできるようです。

ちなみにテレビライセンスの件ですが、よくよく友人に聞いてみると、彼の元にも検査官が来て、言い訳するのが大変だったそうです。
「裸の彼女が部屋で寝ているからダメ!」とか・・・。

私は面倒なので、毎年、支払うつもりです。


投稿: Takao | 2007年7月 7日 (土) 03時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス政策金利5.75%!:

« ガモン | トップページ | ウィンブルドンテニス女子決勝 »