« 強制終了! | トップページ | ガーナ時代の思い出-その2- »

2007年3月 7日 (水)

ガーナ時代の思い出-その1-

人気ブログランキングへ

今、昼食を済ませたところ。
今日は、まだ、大学に行っていない。

博士課程って、ホント孤独ですよね・・・。
会話のない生活が修士のときより、はるかに多い気がします。

さて、今日もおそらく単調な日でしょうから、ガーナ時代の話をしましょう。

ガーナは最近、独立50周年を迎えたようですね。
BBCで大きく取り上げられていました。

_42648063_gwomen416afp

私が、ガーナに赴任していたのは2002年7月から2004年7月。

暑くて大変だったけど、楽しい毎日でした。
南部アフリカと違うのは、一年中気温が高く、夜も気温が下がらないということ。
アフリカというと、どこでも暑いと思うかもしれないけど、南部アフリカには冬があり、寒さで水道管が凍り、破裂することとかありました。

ちなみにこの写真は南部アフリカのレソト
この国は標高が高いところでは雪が降っています。

Photo_15

一日中暑いと、体力の消耗が激しい!

  • 寝るときクーラーをつけると、翌朝、だるくなる。
  • 寝るときクーラーをつけないと、暑さで夜中、目が覚める。

いつも、寝不足だったように思います。

赴任途中、休暇を使って北アイルランドを旅行しましたが、布団をかけてぐっすり眠るということが、いかに気持ちがいいか、実感しました。

そんな中で、ガーナの人はどうやって暑さの中で体力を維持すればいいか知っているんですよね・・・。

この話はまたいつか・・・。

最近、順位が下がってきました・・・ご協力お願いします!→人気ブログランキングへ

|

« 強制終了! | トップページ | ガーナ時代の思い出-その2- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制終了! | トップページ | ガーナ時代の思い出-その2- »