« オススメ勉強グッズ-クイックショナリー- | トップページ | 株で大もうけしたあの人! »

2007年3月14日 (水)

危ないけど書いちゃおう・・・

人気ブログランキングへ

月曜日、大学を歩いていると、中国系の学生がパンフレットを配っていた。

表紙を見てみると座禅をしている女性と、檻の中に入れられている女性の写真と

「中国では、こうするだけで虐待を受けるのです!」というコピー。

よくよく読んでみると、中国政府からカルト宗教の扱いを受け、弾圧されている気功集団法輪功 についての講演チラシだった。

「わたしは、目にタイガーバームを塗りつけられ、薬を打たれ、スタンガンをあてられ・・・」と、実際に拷問をうけた女性の講演と映画上映があるとのこと。

これに参加してきました。

映画ですが、学習者(こう呼ぶらしい)が、公安警察から拷問を受けても
「法輪功はすばらしい!」
といって耐え、最終的には亡くなってしまうという話。

ちょっと、そこまで心酔してしまうのは怖い気がしたが、拷問を受けている学習者がポケットからハンカチを取り出し、警官に汗をぬぐうように差し出すシーンはちょっとジーンときました。
教えとして真・善・忍を説いているらしいです。

3000人以上が拷問で死亡しているらしく、その臓器と販売して利益を得ているとのこと。

どこからどこまでが本当かはご自分で判断してください。

ただ、合気道で知り合ったチベット人の友人の話といい、私は臓器販売は別として、弾圧・拷問は本当だと思う。
200466ironing (拷問の証言をもとにした想像図)

この状況を解決するために、法輪功のイギリス支部(今回講演に来たのは、イギリス人と中国人)は、大学を回って講演しているそうです。
2005_3_20_amsterdam_1 (アムステルダムでの反対運動)
ヨーロッパ各地で弾圧に対する反対運動は行われているようです。ちなみに、寄付を求められるようなことはなく、現状を知ってもらおうと、パンフレット、DVD無料配布、そして、署名を求められました。

中国人留学生が多く参加していましたが、彼らがどう感じたのか?知りたかったですね。

こういう、政治に関係したこと書くとちょっとやばいかなぁ・・・と思ったけど、書いてしまいました。脅迫とか変な書き込みがあったらどうしよう・・・
人気ブログランキングへ

|

« オススメ勉強グッズ-クイックショナリー- | トップページ | 株で大もうけしたあの人! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オススメ勉強グッズ-クイックショナリー- | トップページ | 株で大もうけしたあの人! »