« 黒いベールの女 | トップページ | 相手を認めるということ »

2007年1月27日 (土)

勘弁してよ!

余談ではあるが、たびたびこのブログに登場する招き猫には兄弟がいる。

2匹買うと安かったので、一匹は年末お世話になったタイレストランに寄贈した。                                                                                         、Dsc_0318

それから一ヶ月。この招き猫のお陰か?レストランのお客は例年よりかなり多いらしい。

というわけで、私の部屋にいる「もう一匹の招き猫」のお力で今日はよい日になるかなぁ・・・と思って大学に向かった。

今日は、大学の就職課みたいなところで、大学内のアルバイトを探してくれるとのことだった。(少なくとも、昨日対応してくれたスタッフはそう言った)

しかし、行ってみると話が違う。

昨日とは別のスタッフから履歴書の書き方を指導された後、「あれ?」と思ったのだが、

「じゃー後は自分でがんばってね」

という感じなのだ。

「あれ?大学内のアルバイト紹介してくれるんじゃないの?」と私。

すると、「大学内のアルバイトの募集は年に一回のみ。今は募集していない」という。

おいおい昨日と話が違うじゃないの?

実を言うと昨日対応してくれたスタッフは近くに座っていたのだけど、見てみぬふり。

私も大人だから、指差して

「昨日、あんた言ったじゃない!」

とは言わなかったけど・・・

これがイギリスだよね。

対応がバラバラ。人によって違うことを言う。

オマケにサービス精神がまったくない。

いかにアジア系が仕事を見つけるのが大変か訴えたが、今日対応したスタッフはいい加減。

大学の求人サイトを見ながら

「あなた日本語は話せるなら、この翻訳の仕事やってみたら?」とか

隣町のリーズからの求人に対して、

「リーズなんて近いわよ!。電車に乗ったらすぐ。」

なんて勝手なこと言っている。

仕事としての翻訳がどれだけ難しいか?ぜんぜん分かっていない。

そして、リーズまで電車に乗って、アルバイトに行く学生が一体どこにいるのか?

問いただしてやりたかった。

人のことだと思って勝手なこと言いやがって!

「なんで、こんな無能な人がここに座って学生の相手しているんだろう?」

と思った。履歴書の書き方なんてパンフレット見ながら説明しているだけだもんね。

しょうがないね。ここはイギリスだから。

来週はいい週になるだろう・・・。

それでは皆さんは良い週末を!

Banner_04_3

昨日は19位。今日は何位だろう・・・?クリックにご協力を!

|

« 黒いベールの女 | トップページ | 相手を認めるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黒いベールの女 | トップページ | 相手を認めるということ »