« イギリスの銀行事情 | トップページ | 奨学金@また落ちました・・・ »

2007年1月18日 (木)

どうすれば「規則正しい生活」を確保できるか?

先日、私の指導教授から

「博士課程の学生はもう学生じゃないんだよ。君は、僕の同僚だ!たくさん研究して僕にいろいろ教えてくれ」

といわれた。

・・・とは言うものの、今までエッセイの締め切りや友達が一生懸命勉強している姿を見て、勉強をしていた私にとって、自主的に勉強をするというのはなかなか簡単なことではない。

というわけで、早朝清掃のバイトは私にとって魅力的だった。何が何でも朝、起きなくてはならないから。私はこういうのは強い。高校生のときも、

無遅刻、無欠席、無早退、体育無見学

だった。

それがないと、寝るのは遅い、起きるのは遅い。非常に不健康な生活だ。

マスターのときは、フリーソフトのベクターで探したサブリミナル効果を使った自己暗示ソフトを使ってみたが、まったく効果がなかった。

これは、ソフトの画面上に瞬間的に自分の入力したテキストが出てくる。たとえば

「勉強大好き!」

とか。

一番良いのは、決まった時間に大学の図書館に行く習慣をつくることだと思う。

家にいると(私の場合は)だらだらしやすい。

というわけで、これから大学の図書館に行ってこようと思う。

でも不思議なもので、図書館に行くと、お腹が減るんだよね。

昨年一緒に勉強した田中さんが「何でお腹が減るんだろう・・・」といっていたけど同感。

さてさて、言い訳と逃避行動はこのくらいにして、大学へ行こう。

Sany0090

←これが大学の図書館。写真に写っているのは、昨年一緒に勉強したリベリア出身のプリンス(これ実名!)。みーんないなくなっちゃって寂しいなぁ・・・

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

|

« イギリスの銀行事情 | トップページ | 奨学金@また落ちました・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうすれば「規則正しい生活」を確保できるか?:

« イギリスの銀行事情 | トップページ | 奨学金@また落ちました・・・ »