« 勘弁してよ! | トップページ | おすすめ映画-シムソンズ- »

2007年1月28日 (日)

相手を認めるということ

今日は、午後、バリカンで頭を坊主にした(2週間ごとの儀式)

それから、図書館に行った。しかし僕は、昨日の就職課での一件でまだ頭にきていた。

「あいつはなんてヤツだ!」

「大学のHPに投稿してやろう」

なんて考えていた。

・・・でも、ふとしたときに気が楽になった。

私が怒っているのは別に、あの就職課のスタッフがアルバイトを紹介してくれなかったことではなかった。

ブラッドフォードは失業率の高い街だから、仕事がないのは十分承知。

そんなことではなくて、頭にきていたのは、彼女が私の言うことをまったく認めようとしなかったことだった。

「あなたの言っていることは分かる。でもね・・・」

とか

「本当にアジア系の留学生は大変よね」

といってくれれば、私の気持ち随分違ったに違いない。

そんなことも一切触れずに、

「アルバイトはたくさんある」

「(隣町の)リーズなんて近い。リーズで働いたら・・・」

と他人事のように扱われたことに頭に来ていたのだ。

するとあのダイエーの代表取締役会長の林文子さんさんのことを思い出した。

私は雑誌やネット上でしか、林さんのことを読んだことがないのだが、彼女の言っていることを読むと、やはり組織は人だなぁ・・・と痛感する。

彼女は、「人を大事にするセールス」、部下を「褒める」「認めてあげる」ことで組織の実績を上げてきた。

本当に人は、認めてもらえるだけで随分救われるんだよね。

そう考えると、ゴリ押しする就職課のスタッフがかわいそうになってきた。

そんな対応しかできない彼女が・・・。

きっと、多くの敵をつくっているに違いない(これは想像だけど)

本を読まれたことのある方、感想聞かせてくださいね。

というわけで、また勉強になった一日でした。

Banner_03_1

昨日は19位。今日は何位かな・・・?

|

« 勘弁してよ! | トップページ | おすすめ映画-シムソンズ- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勘弁してよ! | トップページ | おすすめ映画-シムソンズ- »