« 2005年10月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の投稿

2007年1月31日 (水)

学歴詐称ニュースを見て

ヤフーニュースを見てみると、学歴詐称で免職という記事があった。

野村沙知代みたいな「留学していないのに留学していたと詐称」するケースは、議員さんなんかであったけど、「大卒なのに高卒」と称して、公務員試験に合格、勤務するケースもあるんですね。

そういえば、大卒者が安定した職を求め、高卒を対象とした国家三種試験に流れ込んで、困った事態になったというニュースも、昔読んだことがありました。

途上国の人が聞いたらびっくりするでしょうねぇ・・・。皆、どうやって、高い学歴を取ろうか考えていますからね。アフリカなんて、ほんと学歴社会です。

私の大学は20%が海外からの留学生ですが、驚いたことに結構、私費留学生が多いのですよ。

しかし、彼らに言わせると、貯蓄分から年間170万円近い学費を支払ったとしても、イギリスでの修士があると、さらによいポストが得られ、十分、投資分を回収できるようです。

特に国際NGOや国連関係で働くといい給料もらえるようです。

アンゴラから来ている友達は、留学前、USAID(アメリカの援助機関)のプロジェクトで働いていたとき、3000米ドル弱、月給をもらっていたといっていました。

それが、イギリスの大学の修士があると、さらに高給になるのだとか・・・

おまけに、留学中にバイトで稼げる!

ガーナ人のクラスメイト。修士論文を完成できずに昨年12月卒業できませんでした。

「それって、計画的?」って聞いてみると、「そう、計画的」とのことでした。

彼は、7月まで論文を書きつつ、工場のラインで働いてお金を稼ぐそうです。

ところで、日本はどうでしょうかねぇ・・・

イギリスで修士を取っても、あまり就職で有利になることはないかもしれませんね。

(このサイトを見に来ている人には申し訳ないけど・・・)

さらに博士号をとった場合、大学関係に就職しないと、あまり、その効果を発揮することはないでしょうね。

日本の援助業界では、選考の段階で「博士号」があるとアピール性が高いかもしれませんが、給与にはまったく反映されません。

あくまで、「高卒から何年目」「大卒から何年目」で給与が決まります。

そういう意味で、留学は数百万円を投入する知的好奇心を満たすための最高の贅沢

といえるかもしれません。

ですから、もっと、楽しめばいいのだと思います。

精神的に追い詰められる必要なんてまったくない!

あなたはどう思います?

追伸:ブラッドフォード大学や、留学生活について質問のある方。気軽にコメントやメールください。

Banner_03_1

現在20位。今日もクリックお願いします!

| | コメント (0)

危ない男

テレビを見ると、例の放射性物質ポロニウムで殺されたロシア人に似た顔。

ん?でも、なんとなく違う。危ない顔をしている。ドラゴンボールのナメック星人のようだ。

_42507325_davidbradley203

この方、なんと、おじさん一家4人を殺してしまった41歳の精神疾患者なのです。

なんとなくそういう感じがしますよね。

しかも、そのおじさん一家が、本当に仲良しファミリーに見えるのがなんとも残念。

_41873020_purcell_family_pa203index

弁護側の専門家によれば、北アイルランドでの軍隊生活が影響しているのだとか・・・。

あと、大麻常習者だったらしいです。

本当に悲しい話ですよね。

さて、最近、アクセスチェックをしていてあることに気が付きました。

こういうイギリス系のニュースはあまり人気がないようです。

(例のBig Brothersの人種差別問題のときは別でしたが・・・)

やはり、「日本の鳥インフルエンザは大変みたいですねぇ」、「イチローの年俸は20億超えるみたいですねぇ」とか、「KIDは片手で練習再開したみたいですね」とか「不二家のネクターの販売中止。残念ですね」「マイクロソフトVISTAはどうですか?」

という、旬の言葉を入れるとアクセス数が上がるみたいですね。

でも、それは、クリック数には残念ながらつながりませんが・・・

このままだと25位以内から陥落か?

Banner_03_1

ただ今、24位。今日もクリックよろしくお願いします!

| | コメント (0)

2007年1月30日 (火)

授業開始!

今日から、授業が始まった。

授業は月曜だけ。朝9:30から夕方4:30まで。

いぁ・・・博士課程の授業ともなると英語がみな達者だね。

一人、中国人の女の子がいて、「英語、俺より下手だろう・・・」と勝手に決め付けていたが、ちゃんと(私のつくれない英語のストラクチャーで)先生の質問に受け答えしていた。

でも、ネイティブでもトンチンカンな質問する人がいて、

「英語のレベルと、頭の中はやはり別物」

実感した。

それにしても、イギリスは「個人情報保護」が非常に厳しく、クラスメートの名簿を大学は配布しない。(日本もそうですか?)

お互いにクラスメイトを知らないまま、時間が過ぎていくなんて、ちょっと、さびしいですよね。

よって、昨年、私は一人立ち上がり、クラスの名簿、卒業アルバム作りに取り組んだのでした。

(以下が、アルバムの一部)

Cover

P9 P10_2

結構、いけていると思いますけど、どうですか?

アルバムは、結局、クラスの95%の写真とメールアドレスを集めることができました。

今でも、そのアドレスを使って、メールのやり取りをしています。

いまのクラスの名簿も、様子を見てつくろうと思います。

さて、月曜日と木曜日は合気道です。

約40分間、5000歩弱、歩いて体育館まで行きます。

その後、2時間の稽古。

それからパブに繰り出します。

合気道の話はまたいつか・・・。

Banner_03_1

只今は17位。今日は何位かな・・・?

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

おすすめ映画-シムソンズ-

日曜日の朝、テレビをつけると聞きなれた音楽が聞こえてきた。

おそらく「似ていた」だけで、違うのだろうけどトリノ五輪の女子カーリングチームの青春時代をテーマにしたシムソンズの音楽だった。

・・・ ソルトレーク五輪で話題になった、実在した女子カーリングチ-ム“シムソンズ”をモデルにした青春ストーリー。ちょうどトリノ五輪開催中に劇場公開し、シムソンズのメンバーふたりを含む、日本代表チームが活躍したことで、映画も注目された。やはり手に汗握るのは、後半のゲーム。カーリングのルールや作戦の説明を、試合を進めながらもうまく挿入していき、“氷上のチェス”と言われる頭脳プレーのおもしろさを伝えると同時に、女の子たちの懸命な姿が胸を打つ青春映画の佳作に仕上げている。出演は加藤ローサ、藤井美菜、星井七瀬、高橋真唯など・・・

この映画、ロンドンへ向かうアシアナ航空の中で観たのだがボロボロ涙が出るくらい感動した作品。

私は、何のセンスもない人ががんばってエリートに立ち向かうという設定が好きらしい。

  • ジャマイカのボブスレーチームを扱った「クールランニング」
  • クリーブランドインディアンズを扱った「メジャーリーグ」
  • ちばあきおの漫画「キャプテン」

早速、音楽をダウンロードしようと探してみた。

210円なんて「元気になること」を考えれば安いものだ。

(といつもどおり健康や効率のためには出費は惜しまない)

しかーし!

ソニー、MORAは「国内のみ」とのことでダウンロードは不可能。

ヤフーは、サンプルも視聴ができ、購入を済ませ、「さーダウンロードだ!」と意気込んだものの、ダウンロードのボタンを押すと

「国内のみ・・・」

とのこと、がっくりだね。

7日以内にダウンロードしない場合は、チャージしないらしいから、チャージはされないだろうけど・・・まぁ、たまに30秒のサンプルを聞いて元気をもらおう。

それにしても、USENのGYAOなど海外からのアクセスをブロックするサイトがなぜこうも日本には多いのだろう。

ともあれ、シムソンズを観ることのできる環境にある方は、おすすめ作品です。

それでは、これから図書館に行ってきます!

Banner_03_1

現在17位。今日もクリックお願いします!

| | コメント (0)

相手を認めるということ

今日は、午後、バリカンで頭を坊主にした(2週間ごとの儀式)

それから、図書館に行った。しかし僕は、昨日の就職課での一件でまだ頭にきていた。

「あいつはなんてヤツだ!」

「大学のHPに投稿してやろう」

なんて考えていた。

・・・でも、ふとしたときに気が楽になった。

私が怒っているのは別に、あの就職課のスタッフがアルバイトを紹介してくれなかったことではなかった。

ブラッドフォードは失業率の高い街だから、仕事がないのは十分承知。

そんなことではなくて、頭にきていたのは、彼女が私の言うことをまったく認めようとしなかったことだった。

「あなたの言っていることは分かる。でもね・・・」

とか

「本当にアジア系の留学生は大変よね」

といってくれれば、私の気持ち随分違ったに違いない。

そんなことも一切触れずに、

「アルバイトはたくさんある」

「(隣町の)リーズなんて近い。リーズで働いたら・・・」

と他人事のように扱われたことに頭に来ていたのだ。

するとあのダイエーの代表取締役会長の林文子さんさんのことを思い出した。

私は雑誌やネット上でしか、林さんのことを読んだことがないのだが、彼女の言っていることを読むと、やはり組織は人だなぁ・・・と痛感する。

彼女は、「人を大事にするセールス」、部下を「褒める」「認めてあげる」ことで組織の実績を上げてきた。

本当に人は、認めてもらえるだけで随分救われるんだよね。

そう考えると、ゴリ押しする就職課のスタッフがかわいそうになってきた。

そんな対応しかできない彼女が・・・。

きっと、多くの敵をつくっているに違いない(これは想像だけど)

本を読まれたことのある方、感想聞かせてくださいね。

というわけで、また勉強になった一日でした。

Banner_03_1

昨日は19位。今日は何位かな・・・?

| | コメント (0)

2007年1月27日 (土)

勘弁してよ!

余談ではあるが、たびたびこのブログに登場する招き猫には兄弟がいる。

2匹買うと安かったので、一匹は年末お世話になったタイレストランに寄贈した。                                                                                         、Dsc_0318

それから一ヶ月。この招き猫のお陰か?レストランのお客は例年よりかなり多いらしい。

というわけで、私の部屋にいる「もう一匹の招き猫」のお力で今日はよい日になるかなぁ・・・と思って大学に向かった。

今日は、大学の就職課みたいなところで、大学内のアルバイトを探してくれるとのことだった。(少なくとも、昨日対応してくれたスタッフはそう言った)

しかし、行ってみると話が違う。

昨日とは別のスタッフから履歴書の書き方を指導された後、「あれ?」と思ったのだが、

「じゃー後は自分でがんばってね」

という感じなのだ。

「あれ?大学内のアルバイト紹介してくれるんじゃないの?」と私。

すると、「大学内のアルバイトの募集は年に一回のみ。今は募集していない」という。

おいおい昨日と話が違うじゃないの?

実を言うと昨日対応してくれたスタッフは近くに座っていたのだけど、見てみぬふり。

私も大人だから、指差して

「昨日、あんた言ったじゃない!」

とは言わなかったけど・・・

これがイギリスだよね。

対応がバラバラ。人によって違うことを言う。

オマケにサービス精神がまったくない。

いかにアジア系が仕事を見つけるのが大変か訴えたが、今日対応したスタッフはいい加減。

大学の求人サイトを見ながら

「あなた日本語は話せるなら、この翻訳の仕事やってみたら?」とか

隣町のリーズからの求人に対して、

「リーズなんて近いわよ!。電車に乗ったらすぐ。」

なんて勝手なこと言っている。

仕事としての翻訳がどれだけ難しいか?ぜんぜん分かっていない。

そして、リーズまで電車に乗って、アルバイトに行く学生が一体どこにいるのか?

問いただしてやりたかった。

人のことだと思って勝手なこと言いやがって!

「なんで、こんな無能な人がここに座って学生の相手しているんだろう?」

と思った。履歴書の書き方なんてパンフレット見ながら説明しているだけだもんね。

しょうがないね。ここはイギリスだから。

来週はいい週になるだろう・・・。

それでは皆さんは良い週末を!

Banner_04_3

昨日は19位。今日は何位だろう・・・?クリックにご協力を!

| | コメント (0)

2007年1月25日 (木)

黒いベールの女

今日は、博士課程を1月から始めた学生のオリエンテーションがあった。

出席したのは30人くらい?

そのうち、イギリス人と思われるのは2割(6人)くらいかな?

半分はパキスタン系、中東系でした。

アフリカ系が2割

アジア系が1割というところでしょうか?

というわけで、昨日も書いたようにこの町は、イスラム系が非常に多いのです。

ちなみに私のフラットから一番近いスーパーマーケットは

アルハラール

といいます。

どこかイスラム系の放送局かテロリスト集団みたいでしょ?

民族衣装を着ている人も多いです。

民族衣装はいいけど、2005年9月、プロジェクトマネージメントの授業にはじめて出席したとき、びっくりしたことがあった。

それは、教室の一番後ろに

黒いベールの女

Photo_8

が座っていたからだ。

ところが担当教員のトム・フランク教授はなれたものだった。

「君は、隣のコースからの聴講生だよね・・・」

なんて。

その後、街を歩くとこの黒いベールの女性達に時々お目にかかり、今では別に気にならなくなった。

ちなみにベールの中ですが、おそらく美人なのではないかと思います。

パキスタン人って美人が多いのです。

この話はまたいつか・・・

Banner_04_3

昨日は13位。今日は何位だろう・・・?

| | コメント (0)

2007年1月24日 (水)

フラットの窓から・・・

昨日は、夕方0度まで気温が下がりました。そして、雪が降りました。

雪の写真でもアップしようかと思いましたが、雪は積もらず、いつもどおりです。

Sany0601

1月15日に紹介した我が家の招き猫ですが、今は更なる金運向上を目指して、外を向いています。

どうです、あまり美しくない町並みでしょ?

イングリッシュガーデンなんてここにはありません。

そうなんです。

ブラッドフォードは普通のイギリスと違うのです。

その雰囲気は、パキスタン人移民の家族のストーリー「ぼくの国、パパの国」を見るとよく分かります。

一昔前のブラッドフォードも登場します。

ブラッドフォードもいいですよ。

なにより物価が安いです。

そして、入学基準が低い!

イギリス留学を考えている方、どうですか???

コメントお待ちしております!

Banner_04_3

昨日は15位!今日は何位だろう・・・?

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

朝起きられない人のためのグッズ

最近、少し日が伸びてきましたね。

夕方は4時半くらいまで明るいです。

さて、(朝の光でおきる人は)日の出が遅いとおきられませんよね。

そこで朗報。

9827978a58ifn72484m

タイマーを使ってみましょう!

安いと2ポンドくらい。5ポンドあればどこでも手に入るでしょう。

デジタル式の高いものより、アナログ式のほうが安いし使い勝手がいいです。

このタイマーにデスクライト等をつなげ、朝起きたい時間にセットします。

もちろん光は、ちゃんと顔に当たるように。

布団を頭からかぶる人には効き目がありませんが、目覚まし時計よりはるかに心地よく目が覚めます。

私は、音楽で朝起きるも試しました。

元気の出る音楽もいいですね。

お試しあれ!

Banner_04_3

昨日は21位。今日は何位だろう・・・?

| | コメント (0)

2007年1月22日 (月)

勉強の友-コンピューターグラス-

中学生のころから、「勉強の効率が良くなる本」といった本が好きだった。

今もその性格は変わらない。

少しでも効率よく勉強したいと思っている。

今日は、図書館へ行った。

図書館のパソコンはデスクトップ。

ノート型と違って目が疲れる。すると効率も下がる。

そこで思い出した。パソコン用メガネ。日本のサイトを早速調べてみる。

Photo_5

なかなかいいが3000円以上。そして海外発送はしていない。

次にebay UK(ヤフオクのようなサイト)を調べる。

Photo_6

8ポンドくらい。でも、デザインがね。これじゃちょっと図書館じゃ使えない。

まぁ、明日、街に出てちょっと探してみよう・・・。

ちなみに癒しの広場というサイトによると黄色かオレンジのサングラスが目の疲れを軽減するのに良いらしい。

また、3Dの写真や絵を見るのも目の筋肉をリラックスさせるのにいい。

東京の夜景というサイトでは3Dの夜景写真が見れる。

勉強の合間に時々見ているが、目の疲れにいいと思う。

皆さんもお試しを・・・

Banner_04_3

ランキング今日は何位だろう・・・?

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日)

イギリスでの買物に気をつけろ!

今日は、買い物に行った。

イギリスで生活されている方は、ご存知かと思いますが、イギリスでは

一つ買ったらもう一つオマケ!

同じ値段で2つくれるんだから、多くの人がこの商法につられる。

私も歯ブラシ オーラルB クロスアクションを1つ購入し、もう一つをゲットした。

Sany0599

この歯ブラシ、非常によく磨けると

歯医者さんのブログで発見してから、使用している。

次にカップスープを購入した。

いつも買っているものは売出しではなかったので、横にあった見かけないスープを購入した。例のごとく

一つ買ったらもう一つはタダで、どの味のスープでもいいよ!

と書いてある。

Sany0598_1

ヤッター!今日はいい買物だったと思ったら大間違い。

15分の道のりを経て、家に帰ってきてみるとある間違いに気だ付いた。

同じブランドでパッケージは似ているが、このスープはよく見てみると違う種類だった。

左はローカロリー(売り出し!)

右はオリジナル(通常価格)

よって、私は一つタダで得るところを、それも得ずに、もう一つ別のスープを購入してしまったのだ。

「あーこれだったらいつものお気に入りのスープを買っておけばよかった・・・」

と思ったけどもう遅い。

また、戻って交渉するのも面倒くさいので、レシートをすぐに捨てて忘れることにした。

この商法で間違えそうになったことは、今までもあったけど間違えたのは今回が初めてだった。

ちなみに、レジのおにーさんは、一言も「これ売り出しだよ!」なんていってくれなかった。

まぁ、これがイギリスなのでしょう。

というわけで、イギリスでの買い物には気をつけましょう!

ちなみに私の行ったスーパーマーケットは

モリ○○ズです。

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年1月20日 (土)

祈願 ポンド安-イギリスがゆれてるぞ!-

ロイズ銀行のHPによると19日の送金レートは242.32円だった。

とうとう40円台の大台に乗ってしまった。

イギリス留学中の私たちは頭が痛いよねぇ・・・。

しかし、今、チョッとだけイギリスがゆれている。

イギリス国内が不安定ならば、きっと来週月曜日のレートは少しくらいポンド安円高になるだろう。

その不安材料とは・・・

  • 11名死亡 -17年ぶりの暴風雨-

 Photo_2              

18日の嵐はすごかったですねぇ。BBCによるとヨーロッパで少なくとも43名がなくなったというんだから・・・。

その被害額もかなりの額になるはず。

  • ボリウッドスターがイギリス人セレブから人種差別

Big Brother というリアリティーショーがある。

欧米やアフリカでもあった。同じ家に10名以上の参加者を住まわせ、その様子をテレビで放映。視聴者が「なんだコイツ!」と思ったりしたら投票して、人気のない参加者は退場!というわけだ。最後まで残った者には賞金が与えられる。

アフリカの場合は、シャワールームにまでカメラをつけて放映したから、保守的な国ではすごく問題になった。よって、その後、Big Brotherアフリカは放映されていない。

今回、イギリスでは参加者の一人(イギリス人)がインド人女優のアクセントをバカにしたり、「ちゃんと調理されたもの食べてないから痩せてる」なんていったもんだから。

Housemate_shilpa_185

←ボリウッドスターのShilpaさん    

ボンベイ+ハリウッド=ボリウッド というわけ

イギリス国内はもちろん、インドでも抗議運動が起きている!

React_1

これはやばいぞ!

なんといってもインドは核保有国だからね・・・。

  • ブレア首相の側近捕まる!

これは大ニュース。求心力の弱まっているブレア政権にとっては痛手だ!

すでに釈放されたらしいけど、政治献金にかかわる疑いらしい。

_42143892_ruthturner_bbc203i

←このブレア政権のターナー局長さん36歳だって。悪そうには見えないけどねぇ・・・

以上です。

世界平和のために勉強しているのに。

イギリスの不幸を望んでいるなんて困ったものですね。

それでは、皆さん、月曜日、楽しみにしてましょう!

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0)

どうやって気持ちをプラスにするか?

イギリスは冬になると日長が極端に短くなる。

本ブログ「今日の天気」でも紹介しているとおり、午後4時になると暗くなる

よって、留学前、留学した先輩から

「日長が短くなって精神的に追い詰められる人。精神障害を起こす人が出てくる」

と聞いた。

それではいけないと、前々から興味のあった天然ハーブの抗うつサプリ「セントジョーンズワート」を出発前DHCで大量購入して、昨年は毎日、飲み続けていた。

Photo

詳しくはDHCのHP参照

このサプリのおかけが、落ち込むことなくマスターを終了することができた。

ところが・・・今年は、まったく、一粒も飲まずに生活をしているが、別に大して落ち込むことなく生活している。

ということは、あまり効果がないということか・・・?

興味のある方はお試しあれ。

私が考える気分転換に効果のある時間のすごし方は

  • スポーツ(勝敗が気になり、負けがストレスになる私のような人は、勝負のない「合気道」をすすめます)
  • 友人と一杯飲む
  • 小旅行

だと思っている。

これについては、また、ブログで紹介します。

それでは皆さん、よい週末を!!!

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年1月19日 (金)

奨学金@また落ちました・・・

今日、兄からある画像が届いた。

日本に届く私宛の郵便物の連絡、日本食の発送などいつも兄にはお世話になっている。

さて、その画像とは日本出発前に出願した某奨学金の結果通知だった。

表題のとおり、また、

落ちました・・・

Letter_1

まぁ、来年、この財団には応募しないと思うのでアップしちゃいます。

それにしても、私ってそんなに魅力ないですかねぇ・・・。

TOEFLの成績は高くないけど、大学時代の成績はトップ5%に入っていたし、その後の日本の大学院の成績も全て優。

昨年のマスターの成績もDistinction(平均70点以上)は取れなかったけど、Merit(平均65点以上)取ったし・・・。

もしかしたら出身大学かねぇ・・・

奨学金探してみるといまだに、指定校制度を採っている奨学金てありますからね。

(私は東京・世田谷区にある「大根踊り」で有名な大学に通っていました)

ちなみに、今まで2年間に応募した奨学金は全滅です。いかがそのリスト。

  • 某独立行政法人 海外長期研修制度 3回不合格 (2回目は二次面接で不合格)

  • 英国政府 チーヴニング奨学金 3回不合格

  • 某財団奨学金 1回不合格(もっとも、今年4月進学対象だから、1月から進学した私は元々対象外だったのだけど・・・)

今、世銀の奨学金に応募しようと思って準備していますが、これに落ちたらもう奨学金獲得活動は中止し、勉強に集中します。

皆さんもご存知のように、奨学金の申請書類をそろえるのは結構大変!

チーヴニング昨年から、オンライン申請を開始したけど、それまではネパールやイギリスからDHLで申請したり、結構、大変だった。

こういう私も、過去2年間に1回だけ奨学金を申請せずに自動的にもらったことがある。

ブラッドフォード大学の留学生対象の奨学金で、日本の大学時代の成績がよかったからか?今までのキャリアを評価してくれたのか?1年間学費免除してくれた。これこそ高倍率で修士に進学した留学生のなかで選ばれたのはたった3名だった。(ちょっと自慢!)

Shogakukin

2005年11月、この奨学金授与式の後、すぐに某独立行政法人の海外長期研修の2時面接のため(もちろん自費で)日本に飛んだ。

面接では、面接官にすごく突っ込まれ、

「別にこの研究しなくてもいいんじゃないの?」なんて

「おいおい、イギリスから来ているんだからそんなこといわないでよ・・・」

といういいたくなる質問もされた。まぁ、昔の話だからいいけどね。

某独立行政法人の皆さん。PhDとったらこの投資分は回収しますので、待っていたくださいね(笑)

イギリスはTAとか(少なくとも私の学部は)ないし、授業料は留学生はイギリス人の3倍だし、なんとかしてくれよ!といいたいけど、どうしようもないから前向きに勉強します。

でも、一つくらい言いたいなぁ・・・。

「大学の職員の皆さん、我々留学生は授業料3倍払っているから、もう少し、やさしく接してください。」

ってね。時々、本当に横柄な職員いますよね。

彼らも給料削減で大変みたいだけど。

というわけで、今日はこの辺でおやすみなさい・・・

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0)

2007年1月18日 (木)

どうすれば「規則正しい生活」を確保できるか?

先日、私の指導教授から

「博士課程の学生はもう学生じゃないんだよ。君は、僕の同僚だ!たくさん研究して僕にいろいろ教えてくれ」

といわれた。

・・・とは言うものの、今までエッセイの締め切りや友達が一生懸命勉強している姿を見て、勉強をしていた私にとって、自主的に勉強をするというのはなかなか簡単なことではない。

というわけで、早朝清掃のバイトは私にとって魅力的だった。何が何でも朝、起きなくてはならないから。私はこういうのは強い。高校生のときも、

無遅刻、無欠席、無早退、体育無見学

だった。

それがないと、寝るのは遅い、起きるのは遅い。非常に不健康な生活だ。

マスターのときは、フリーソフトのベクターで探したサブリミナル効果を使った自己暗示ソフトを使ってみたが、まったく効果がなかった。

これは、ソフトの画面上に瞬間的に自分の入力したテキストが出てくる。たとえば

「勉強大好き!」

とか。

一番良いのは、決まった時間に大学の図書館に行く習慣をつくることだと思う。

家にいると(私の場合は)だらだらしやすい。

というわけで、これから大学の図書館に行ってこようと思う。

でも不思議なもので、図書館に行くと、お腹が減るんだよね。

昨年一緒に勉強した田中さんが「何でお腹が減るんだろう・・・」といっていたけど同感。

さてさて、言い訳と逃避行動はこのくらいにして、大学へ行こう。

Sany0090

←これが大学の図書館。写真に写っているのは、昨年一緒に勉強したリベリア出身のプリンス(これ実名!)。みーんないなくなっちゃって寂しいなぁ・・・

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

イギリスの銀行事情

やっと、ココログのメインテナンスが終わった。

さて、先日、銀行の口座についてちょっと触れたので、少し調べてみた。

私のロイズ銀行の口座は、Cash Accountといって、必要最低限、チェックもデビットカードもクレジットカードも付いていない。おまけに無利子

2005年9月、何も分からない私にロイズ銀行の窓口のおばさんが開設してくれたのがこの口座だった。

「利子なし、何のサービスもないけどいいよね」って「ハイ」と答えるしかなかった・・・。

日本が超低金利だっていっても、普通口座でさえ0.1%は金利が付くというのに!

じゃー、他の銀行はどうなのかと調べてみた。

すると、驚くべき結果が分かった。

(おそらく)留学生の入れるアカウント(Student Account)は無利子もしくは超低金利(実質0.08%)。

各銀行のHPを見て分かりましたが、

「毎月、お金をたくさん振り込んでくれる人にはサービスしますよ!」

「銀行残高がたくさんある人には、高金利を約束しますよ」

ということのようです。

唯一、Barclaysは、HPをチェックしてもCurrent Accountの年利がわからなかったのですが、おそらく0.08%でしょう。

お金を毎月たくさん振り込んめて、銀行残高がたくさんある超リッチな留学生でも

「イギリス人であること」

「レジデント3年以上」

といった項目に引っかかり、おそらく年利の高い口座には入れないと思います。

最近の更なるポンド高は、今年1月11日に英国イングランド銀行が政策金利を5%から5.25%へと引き上げたことが一因のようですが、我々留学生はポンド高による影響を受けても、金利による恩恵はまったく受けられないようです。

となると、赤坂のロイズ銀行の「送金サービス」を使う予定のある人は、イギリスでもロイズ銀行が良いかもしれません。イギリス国内での振込み手数料7ポンドですみますから。(他行は14ポンド)

どなたか、イギリスの銀行を使っての(留学生のできる)、財テク術があったら教えてください。

Sany0546

←先日、はじめてシアターに足を運びました。「パントマイム」というで例の日本で言うパントマイムかと思ったら、日本でいうミュージカルのようなものでした。これが学割でたった3ポンド!いいところもありますねイギリスは・・・

人気留学blogランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

クリック ありがとうございます!

ブラッドフォード時間 午前3:00

なんとブログランキングが96位を記録しました!

先週末、バイトを落とされ「小遣いかせぎでもしようか・・・」とはじめたブログ。

(無理だということはすぐに分かりましたが・・・。)

魅力的なブログにしようとエネルギーを費やしてきました。

(新しくブラッドフォードの webカメラリンク 貼りました!)

実際のところアルバイトしたほうがお金になるのに、それができないイギリス。

日本・イギリスでのダブルマスター(修士号2つ)、そしてアフリカ5年間の国際協力経験等々があっても、イギリスでの私の商品価値は非常に低い!清掃の仕事も断られる始末。

英語ではアフリカ系留学生に負ける!

力ではポーランドなどの東欧系労働者に負ける!

力ではアフリカンにも負けていますね。

まぁ、ブログで小遣い稼ぎするのは無理だとよーく分かりましたので、これからは、ブログを見に来てくださる皆さんのために楽しい記事、ためになる記事をアップしていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。

(ココログのメンテナンス前に新しい記事をアップできてよかった・・・)

Ppam_group_picture

←昨年、マスターコースのときの写真。どうです国際色豊かでしょ!

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスへの送金方法 その2

先日、「イギリスへの送金の方法」と称しながら、ポンドへの換金方法を紹介していましたた。

ごめんなさい。

さて、送金方法ですが、ロイズ銀行では

「海外送金サービス」というサービスを実施しています。http://www.lloydstsb.co.jp/jp/student/index.php

「一回2,000円で送金してあげますよ。」というサービスです。

ただ、これは海外に口座がないと送金できません。よって、留学し、現地の口座を開設してからの送金方法となります。                                            

(どの銀行がいいのか?ということですが、私はロイズ銀行を開設しました。理由は現地銀行での手続費用が7ポンドだからです。他行だと14ポンドになります。ただ、ロイズ銀行の学生口座は利子がゼロ!です。)

よって、学費、生活費は、日本でチェックを作ってもらって、それを現地に持っていく方法か、クレジットカードで払い込むことになります。

どうせ、レートが悪いならクレジットカード払いがおすすめかもしれません。チェック発行にも手数料かかりますしね。

クレジットカードのポイントをANAマイレージに私は変換していますが、現在のイギリスの学費約8000ポンドをクレジットカードで払ったら、かなりマイルは貯まるでしょう。

180万円以上ですから、ほとんどのクレジットカードの上限は超えているでしょうけど、事前にカード会社に連絡しておけば大丈夫なようです。

皆さん他に、お得な方法知ってましたら教えてください。

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さぁ!留学生は勉強だ!

博士課程の1年目。研究手法について授業が4つほどあります。それ以外は、指導教授の下で研究準備を進めることになります。

私は1月からコースを始めたのですが、コースは1月29日(月)から始まるということで、ちょっと堕落しました(反省・・・)

お小遣いを稼ごうと、日夜アフィリエイトの勉強をしすぎましたね(笑)

でも、どうやって怪しいブログやサイトが出来上がるのかよく分かりました。やはり、人生勉強です。

それにしても、なかなか金運が上向きになりませんねぇ・・・

アフィリエイトの効率を高めようと、ネット上で「ADSL Ninja 3」という通信速度向上のためのソフトをVector (www.vector.co.jp)で 3,360円で購入しました。いつも、Vectorさんにはフリーソフトでお世話になっているし・・・

でも、その後、そのソフトが製品販売元のアイフォーのオンラインショップ

http://www.i4online.jp/index.php?module=ItemList

で 2,625円で販売していることを発見!

その差、735円!!!

がーん!落ち込みます。

お小遣い稼ぎのはずが、余計な出費!!!

その製品、「ターボ機能」が付いているのですが、なかなかターボしてくれません。サイト上では、評価が高いのできっと私の住んでいるフラットのADSL回線がプアなのでしょう。もしくは、誰かがP2Pソフトでガンガンダウンロードしているのかもしれません。

さてさて、ちなみに私の金運向上プロジェクトは、今に始まったことではありません。ネパールの「ヒマラヤ水晶」「ファントムクリスタル」をはじめとするパワーストーン購入に始まり、映画「ジュラシックパーク」でおなじみの「虫入り琥珀」そして今は、基本に戻り、「西に黄色」というわけで、出窓に「招き猫」(電動)と「ひだまりの民-金運向上バージョン-」です。

Sany0595_1

奨学金パスしますように!

こんなことやるより、研究進めてしっかり3年でまとめたほうがよほど、経済的なのにねぇ・・・。

まぁ、人生、寄り道、無駄も大切!

16日はココログのサーバーメンテナンスで、アップロードができなくなるだろうから、勉強するぞーっ!!!

このような人間ですので、気楽にコメントください。留学したい人、留学している人、できる範囲でアドバイスします。

それではまた!!!

Banner_04_3

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

イギリスの博士課程への申請

2007年1月から博士課程に進学した私ですが、実を言うと同ブラッドフォード大学修士課程に2005年9月から通っていました。

理由ですか?博士課程を落とされたからです。日本で農業開発の分野で修士を取っていたので、「英語の論文書いたことないけど、難しいかなぁ・・・」と思いながらの博士課程への申請でした。申請方法については、榊原正幸さんの「博士号への道」

            

にレターの書き方、書類のそろえ方等々、詳しく書かれています。

ただ、自然科学分野の分野では、そう難しくないのかもしれませんが、特に社会科学の分野では日本の大学院修士課程からイギリスの大学院博士課程へ進学するのはちょっと難しいかもしれません。あくまで、私の勉強している開発学の分野の話ですけど。

私の周りにも、関西名門大学の大学院からブラッドフォードの修士課程に来ていた友達がいましたが、やはり、イギリスでの英文エッセイ作成に苦しんでいました。まず、われわれは英語が不得意である上に、批判的思考法(Critical thinking)に日本人は慣れていません。また、Introduction、Body、Conclusion のような文章構成についても不得意です。

日本語はやはり、ロジカルな言語ではないような気がします。「あいまい」なところが多くても、立派な文章として成り立ちます。先日、日本の大学院時代の指導教授の和文を訳したのですが、それを痛感しました。また、文章の構成においても・・・。これはやはり、小学生のときから、自分の気持ちを表現する「作文」中心の指導の結果だと思います。ですから、大学入試になって「小論文」をいざ書こうとしても「作文」を書いてしまう・・・

よって、博士課程への進学を希望される方も、修士課程のTaughtコースで1年間勉強されることをおすすめします。その中で、よい指導教授を発見することもできるでしょう。ただ、その指導教授の下で勉強させてもらうには、修士課程でよいスコアを取る必要があります。このためにも、必ず提出前には英文校正をしてから提出することをおすすめします。

長く勉強するには、それなりの資金が必要となります。これについては、奨学金に応募しまくるしかありませんね。連敗中ですが・・・。

人気留学blogランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その2

実を言うと、経済的に余裕がなくなってしまったのには、ある事が関連している。                                            (まぁ、バイトしなくても、留学生活を続ける余裕はあるけど、それは博士課程が3.5年で終わった場合の話。)

じつをいうと、私は某独立行政法人から派遣されて、3年弱の間、アフリカやアジアで農業開発プロジェクトで仕事をしていた。独身であった私は、国内俸をほとんど手をつけることなく、海外俸の一部を使って、かなり裕福な生活を送ることできた。                            (とはいっても、ずいぶん、現地の人にちょろまかされたり、サポートしたりで大金を使ってしまったが・・・)

当時は、そこそこの収入があったし、秘書もいたし、運転手さんもいた。よって、将来、掃除の仕事をすることがあるなんて考えてみ見なかった。一方、アフリカンの同僚は、手取月給100ドル未満で苦しんでいた。

そしてある時、その私は大卒で政府の官僚である彼に言った    

私: 「クリス(彼の名前)もし、イギリスにごみ収集の仕事があったら行く?」

クリス:「もちろん。なぜなら、僕は経済的に苦しんでいるから・・・」

私:「僕だったら行かないね。プライドを捨ててまで、ごみ収集なんて。」

これがまずかった。

人生は山あり谷ありなのである。神様はきっと、それを教えるために私を罰したのだろう。

でも、これはとてもいい経験になった。人間いつでも謙虚でいなくちゃね。

クリス、今頃何してるかなぁ・・・

Ghana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その1

正直に言いましょう。

実を言うと、このブロを再スタートしたのは、アフィリエイトで小遣い稼ぎをしようかなぁと思ったのが理由です。

今年は私費留学生。この空前のポンド高の中で、いかにして支出を減らし収入を増やすか?ということは多くの留学生が考えることなのではないでしょうか?私もいくつかの方法を考えました。  

  • 外国為替トレーディング(FX)
  • 株式投資
  • バイト
  • アフィリエイト

です。

FXと株式投資はすぐ選択しから消えました。なぜなら、海外からの手続きは難しいからです。それに、リスクも高い。元本を失うようなリスクは絶対避けなくてはいけない。

次に、アルバイト。これも探しましたが、電話をかけた段階で「ごめんねぇ・・・もう決まってるの」というケースに2回遭遇した。それも、清掃の仕事である。 残念ながら語学力のない日本人(アジア人)は、英語圏アフリカ人留学生のようなテレフォンセンターやオフィスワークは困難である。よって、求人広告でできそうなものといえば、清掃ぐらいとなるのである。

昨日、清掃のバイトを断られた私は、ネットサーフィン中にであった広告につられて、アフィリエイトをはじめてしまった。

だが、これもなかなか難しいねぇ・・・。なかなか人は来ない。人を集めるのは難しい。考えてみたらアフィリエイトに貢献したことは今までもたくさんあったけど、インチキくさいものが多かった。よくあるPDFファイルをダウンロードするやつである。たとえば・・・

  • テニス上達法
  • 3時間睡眠法
  • 英会話上達法

である。はじめのテニス上達法を除けば、「勘弁してくれよ!」という内容だった。まぁ、そうやって、刺激的なうたい文句でビジターを増やすのも良いけど、まぁ、私もイギリス留学1年を迎えたことだし、留学生のためになる情報を流そうと思う。

ところで、クリスマスシーズンにタイ人の友人を通じてタイレストランでアルバイトをした。そこでであったタイ人の彼と付き合っている日本人のMちゃん。語学学校に通っていて、あまり英語が得意なほうではないらしい。でも、アジア人好きのオーナのパブで時給7ポンドで働いているそうだ。ウェイトレスは皆アジア人。通常、学生は5.35ポンドの最低賃金で働いていることが多いのに。いいなぁ・・・という感じ。

でも彼女は美人だからね。彼女に承諾を得ていないけど、画像をアップしちゃいます。

隣は彼のタオ君。なかなかのハンサムだね!お幸せに!

Sany0278    

人気留学ブログランキングへ!    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

航空券を買う

留学を前にして、航空券を買う準備をしている人もいるかもしれません。

私の場合、1年目はH社の支店で、シンガポール航空の1年間オープンチケット(成田-ロンドン)を購入しました。たしか、現金払いで17万円弱した記憶があります。

今回は、スカイゲート社アシアナ航空の片道航空券を5万円強で購入し増しました。まぁ、博士課程ということもあり、いつ日本に帰国できるか分からない事情ありましたので・・・。結果から言いますと、アシアナ航空は安く、快適でした。スチュワーデスのお姉さんもきれいです。

←スカイゲート社のHP

結構、細かい設定で航空券がチェックできます。

Asiana_1

Edy払いもできますので、マイルもたまります。ただ、ELIOカード払いによる割引制度はなくなったようです。ただ、このサイトにも弱点があります。ロンドンヒースローからの国内線の予約ができないのです。(同一航空会社でマンチェスター等に飛ぶ場合を除く)     

よって、わたしは、ブリティッシュミッドランド航空のHP上からオンラインでEチケットを購入し、ロンドンヒースロー空港からリーズ・ブラッドフォード空港へ飛びました。日本の旅行代理店で購入するより若干安いかもしれません。

www.flybmi.com

このほかヒースローからは、バスも出ています。飛行機よりかなり格安です。ただ、飛行機の長旅の後に、バスに揺られるのはちょっときついかもしれません。また、個人的な感想ですが最新型のバスも消して乗り心地はよくありません。

http://www.nationalexpress.com/ 

Bus

あなたならどうします?

人気留学ブログランキングへ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エッセイの英文校正

イギリスに留学されている方は、もうそろそろエッセイ提出の時期なのではないでしょうか?

やはり、良いスコアを取りたいですよね。私の場合は、合気道仲間のイギリス人に英文校正をお願いしていました。                                        ただ、これだと時間的に余裕を持ってお願いしなくてはなりません。

結局、提出期限ぎりぎりに作成したエッセイは日本人の友人に見てもらっただけで提出したものもあります。

私の学部では留学生に対して、文法ミスに対する厳しい減点はあまりないように思いましたが、やはり、誰かにネイティブに見てもらうと仕上がりが、かなり良くなります。

見てもらうネイティブの友人のいない人。是非、オンライン校正を試してみてください。私も英文レター作成、論文作成でかなり利用しました。

http://www.editmyenglish.com/index.asp

http://www.papercheck.com/

とちらとも、英語のサイトですが、日本の校正業者と比べるとかなり安いです。

Papercheck 社の場合、72時間の校正時間で、320語あたり4.95ドルになります。     

校正のスタイルですが、Executive とTraditional が選べますが、Executiveをおすすめします。Executiveはいわゆる、MS-Wordの校正機能をつかってチェックするわけですが、校正者の手間がかからない文、校正の精度も高いように思います。              

かなり英語に自信のある方は別として、やはり、チェックしてもらうと冠詞、動詞などなど、かなりチェックされます。

留学人気ブログランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

イギリスへの送金方法

空前のポンド高!

留学生は大変ですよね。

さて、出発前の方は、いろいろ送金方法について考えていると思います。

CITI BANK、郵便局などいろいろあると思いますが、私は東京、赤坂にあるロイズ銀行を選びました。

                               https://www.golloyds.com/jp/index.php

東京近郊に住んでいらっしゃる方はおすすめです。

私の場合、幸運(?)なことに2005年ロンドンの地下鉄爆破テロ事件の直後にポンドを購入(確か7月21日で196円=ポンド)し9月の出発まで定期に入れておき、出発前9月にポンドT/C と寮費を小切手にしてもらい出発しました。                        (この手続きは銀行で行うため東京近郊の方のみおすすめします)

2007年の為替レートはどうなるか分かりませんが、とりあえずロイズ銀行に口座を開設し、レートが良くなったときいつでもポンドを買える状態にしておくといいと思います。ただ、初回の場合、300万円が預金の最低額となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ再開!

皆様

ブログを1年以上も放置しておりました。

2006年9月から修士課程に留学していた私も、2007年から博士課程に進学することになりました。

留学やイギリスについて、ちょっとは分かるようになったので、これから留学する人のための情報を少しずつUPしていきたいと思います。

また、 イギリス留学について質問のある人は、コメントください。できる範囲で回答します。

Sany0092

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2007年2月 »