« イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その1 | トップページ | イギリスの博士課程への申請 »

2007年1月14日 (日)

イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その2

実を言うと、経済的に余裕がなくなってしまったのには、ある事が関連している。                                            (まぁ、バイトしなくても、留学生活を続ける余裕はあるけど、それは博士課程が3.5年で終わった場合の話。)

じつをいうと、私は某独立行政法人から派遣されて、3年弱の間、アフリカやアジアで農業開発プロジェクトで仕事をしていた。独身であった私は、国内俸をほとんど手をつけることなく、海外俸の一部を使って、かなり裕福な生活を送ることできた。                            (とはいっても、ずいぶん、現地の人にちょろまかされたり、サポートしたりで大金を使ってしまったが・・・)

当時は、そこそこの収入があったし、秘書もいたし、運転手さんもいた。よって、将来、掃除の仕事をすることがあるなんて考えてみ見なかった。一方、アフリカンの同僚は、手取月給100ドル未満で苦しんでいた。

そしてある時、その私は大卒で政府の官僚である彼に言った    

私: 「クリス(彼の名前)もし、イギリスにごみ収集の仕事があったら行く?」

クリス:「もちろん。なぜなら、僕は経済的に苦しんでいるから・・・」

私:「僕だったら行かないね。プライドを捨ててまで、ごみ収集なんて。」

これがまずかった。

人生は山あり谷ありなのである。神様はきっと、それを教えるために私を罰したのだろう。

でも、これはとてもいい経験になった。人間いつでも謙虚でいなくちゃね。

クリス、今頃何してるかなぁ・・・

Ghana

|

« イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その1 | トップページ | イギリスの博士課程への申請 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その2:

« イギリスでお金を稼ぐのは大変だ その1 | トップページ | イギリスの博士課程への申請 »