2015年1月18日 (日)

20年後


昨日は不思議な感じがする日でした。



1月初旬、兄から

「結婚祝いにからくり時計はどうかな?」

と打診されました。

しかし、壁掛け時計は昨年すでに購入済み。

100000001001285228_10204_2

夜になるとLEDが点灯するという品。

夜中に「あの何時間寝られるか?」確認するには良い品です。

41n63ulrl_2

これ以上、壁掛け時計はいらないので、どうしようか考えていると、次に兄は

「ペアウォッチはどうか?」

と言ってきた。

よって、奥さんと一緒に考え、ペアウォッチをお願いした。

Pc_xc_0_3

すると今度は、

「一生に一度だから、もっと良いものを買うといい。一人定価XXXX円くらいまで(大体大卒初任給位)だったらいいよ」

とのこと。


時計は前々から新しいのを買わなくてはと思っていた。

ただ、たしか投資家のウォーレン・バフェット氏が

「使えるものがあるのに、新しいものを買うと使えるものが無駄になる」

みたいな格言を述べていて(今調べてみても見つからないのだが・・・)、壊れるまで使うべきか考えていた。


今使っているのは2006年12月、
S__6668290

博士課程を開始するにあたり、兄が買ってくれたGショック。


でも、私も40歳だし、それなりの時計をしなくてはと思っていたし、兄もそう思っていたらしい。

で、悩みに悩んだ末、選んだのがこれ。

Si_ocwg100001
GPS衛星から電波を受信し、その地点の時刻を表示してくれるという品。

海外に行く私にとっては、ぴったりだと思いまして。。。

ともあれ、購入のため、昨日の土曜日。私と妻は兄と新宿で待ち合わせ。

でも、いざ、店舗に行って現物を見ると、他の候補と比べて迷ってしまいます。

例えばこれ。


文字盤はスッキリ。ガラスの反射が少なく見やすい。

100000001002352835_10204_001
兄が言っていました。

「好きなのを買えばいいよ。でも、TAKAOもその内、老眼で見えなくなるよ」
って。

で、最終的に購入したのがこれ。



01f100

シンプルで50代、60代になってもいいかなって。

途中で壊れるかもしれないけど、一応、20年は使いたいと思っています。

この時計を選ぶ過程で、50代の自分、60代の自分の姿を想像しました。

そして、私には社会人として残された時間が、あと20年位しか残されていないことに改めて気が付きました。

「このままではまずい!頑張らなくちゃ。」

と妻に話しました。


妻は教師で激務ですが、とてもやりがいのある仕事だと思いいます。

一方、国際協力の世界、いや、世の中すべてがそうなってしまったのかもしれませんが、効率、効果、成果に焦点が当てられ、

「なんか違うよな・・・・」

と最近感じます。


でも、妻は

「国際協力の仕事をしたいと思っている人は沢山いるけど、出来ない人がほとんど。自分がどれくらいラッキーか気づくべき」

って言います。

奥さんの考え方に「ハッ」っとすることが時々あります。ありがたいです。



話は戻りますが、ネーム入れが無料ということですので、時計の後ろに
Takao 2015.01
 
と刻印をしてもらうことにしました。


10年後、20年後、この時計の刻印を見て、僕はどう思うのかな…

後悔しないように頑張りたいです。




さて、帰り道、新宿で立ち食いそばを食べて帰宅。

休んだ後は、妻に頼まれて100円ショップで教材の購入。

一店舗では数がそろわないので、二人で手分けして調達しました。


こんなことしながら、私は妻の教員としての雰囲気を味あわせてもらっています。

時計にネームが入り、戻って来るのは2~3週間後。

楽しみです。

追伸(その1)


妻も好みの時計を買ってもらいました。

兄さん、どうもありがとうございました。



追伸(その2)
国際協力の世界の労働人口は2~3万人なのだそうです。
全体の労働人口の0.1%にも満たない世界。
国際協力を銘打った大学や大学院が多いが、このあたりのことを大学教員はよく理解すべきだと思う。

| | コメント (2)

2015年1月 2日 (金)

今年もよろしくお願いいたします!


お久しぶりです。

年末に今年最後の記事を更新しようと思っておりましたが、堕落してできませんでした(笑)

・・・とういのは冗談で、入籍してから8か月後の12月23日、明治神宮で挙式いたしました。
Img_1871
この挙式。2か月前に決めて、バタバタの準備でしたが、私にとっては念願の明治神宮挙式。
P1_2
観光客に囲まれての参進はとても思い出に残るものとなりました。
(まだ、写真ができていないので、画像は明治神宮のHPから拝借)

その後、25日から29日まで、二人の親族が住んでいる鹿児島へ親戚回りに行っておりました。

マイレージの期限が12月に切れるので、最初は海外旅行でも行こうかと計画していましたが、満席。
「親戚回りでも行こうか・・・」
と15年ぶりに帰って鹿児島でしたが、とてもよかったです。
Img_2047
城山観光ホテルからの桜島。
Img_2179
最近、テレビで桜島フェリーの紹介をしていたので、桜島へはじめてわたりました。
Img_2023
こちらは私の親類の住んでいる地域の市電の停留所。
近くにイオンが出来て、どんどん開発が進んでいました。
Img_2025
こちらは中央駅前。
「あれ?西駅じゃなかったっけ?」
と思いましたがその通り。
2004年に中央駅に改称されたようです。
Img_2038
こちらは甲突川。
・・・もう遅いので、写真だけ貼り付けておきます。


奥さんとデパート(山形屋)へ買い物へ行ったのですが、年末で人がたくさんいました。
Img_2188
でも、東京の都心部にありがちな、「イライラ感」が漂っていないのが「いいな!」と思いました。
なかなか奥さんとは、一緒に時間を過ごすことができなかったので、とても良い里帰りとなりました。


・・・さて、話は飛んで昨日、私。1万円を落としたようです。

それも金運UPのために入れておいた1億円札(笑)
Dsc_0150
お札をもっと入れておけば、落ちなかったと思うのですが、5千円札一枚とこの1億円札しか入っていなかったので、5千円札を出した時に落としたようです。

私ととても気の合う奥さんですが、この落とした際の解釈が全く異なりました。

私:
  • お金を落としたことには意味がある。
  • きっと、お金が必要な人に拾われたのだろう。
  • お金が出るのは、お金が入る前兆。
・・・といった解釈。

奥さん:
  • お金を落としたのはただの不注意。
  • スピリチャルな解釈をして、自分を悩ませるのはエネルギーの浪費

確かに奥さんは、モノに対する執着があまりない人で、赤ペンを差したまんま選択して、奥さんの服を赤で染めた時も、平然としていたし、
鹿児島旅行中にデジカメの液晶割った時も、数日後にはケロッとしています。


こんな感じでものの考え方はちょっと違っていますが、大らかな奥さんで感謝しています。


さて、今年も、更新の頻度は非常に少ないと思いますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆様にとっても良い一年となりますようにお祈り申し上げます。




追伸:

(合気道)
今年の9月やっと弐段に昇段しました。
Img_1568
(カメルーンで撮った写真)
村の農業組合のおじさんと。
Img_0331
田植えのアルバイトに来た子供たち
Img_0772
夜、フライドポテトやフライドバナナを売っている子供たち
Img_0704 こういう子供たちを見ていると、
「彼らのほうが幸せなんじゃないか・・・?」
と思ってしまいます。

 

| | コメント (4)

«FACEBOOKに投稿しなくなった理由